真夏のビッグサイズ

, : update:17.06.27

P1030619

 

こんにちは、MSPC PRODUCT sort GINZAです。

マロニエゲート館内には、夏を感じる笹の葉が展示されています。

いよいよ夏という感じがしてきますね。

 

夏は言うまでもなく暑い。

暑いと人はどうするか、大抵の方は涼みたいでしょう。

長袖が半袖になり、フルレングスのパンツがハーフになり、

足元のスニーカーはサンダルに—–

 

夏のメンズファッションは基本的にそぎ落とされていくことが多いと思います。

つまり、シンプルになる。荷物となるバッグもコンパクトになる傾向があります。

しかし半袖にパンツと最低限の組み合わせに小さいバッグの組み合わせは、

幼く見えてしまったり、ボリューム不足になってしまうことも。

そんな時、どうしたらいいか、それは、

 

“夏に抵抗しよう!”

 

小さいバッグは楽チン。だけど、何かが足りないという方は、

その真逆を取り入れよう。

ボリューム不足には、ボリュームを。

今回は夏でも大人っぽさを引き出せる“大きめバッグ”をご紹介。

 

 

【トート編】

P1030571

master-piece x WONDERFUL NOISE (No.02332-wn)

 

 

 

P1030568

 

2016ssリリース当初、僅かな在庫数に対して多数の反響があり、

店頭にあまり出回ることがなかった幻のコラボレーションバッグ。

大容量と機能性が同居した内外ともにクールな逸品。

 

 

 

P1030569

 

 

骨格がしっかりした本体は、多くの物を入れてもへたりづらく、

ルーズな印象を与えません。それに加え、防水性、キャリーケースの取り付け機能、

パット付きショルダーベルト、PCスリーブ完備と機能面も完璧。

WONDERFUL NOISEのエッセンスとして、レコード50枚収納が出来るスペース、

ヘッドホンを収納できる前面ポケットなど、音好きにもたまらない仕様。

 

 

 

P1030570

 

 

個人的には大きめトートは、玄人感が出てとてもかっこよく見えます。

80~90年代にヨレヨレの使い込んだ大きめトートが、

古着ブーム時等に妙にマッチしていたり、

現在もスタイリストさんのワークバッグだったり。

近年では某大手カンパニーのショッパー騒動がきっかけで、

大きめトートに流行の兆しさえ感じます。

ちなみに、今回のコラボバッグの復刻もごく僅か。

前回買い逃した方は本当にお急ぎください!

 

 

【ショルダー編】

P1030581

直営限定EXCEED (No.222402-CL)

 

 

 

P1030572

 

 

2年前の2015ssにリリースされた「EXCEED」シリーズがアップデートされ、

より機能的になって再登場しました。しかも直営店舗限定。

夏によくボディーバッグやサコッシュを見掛けますが、

メッセンジャーと言ったらショルダー界では大物(大きい)ではないでしょうか。

 

 

 

P1030577

 

 

防水性、軽量、3点留め機能など、申し分ない仕様を施されたこちら、

近年メッセンジャー型が少ない中、貴重な形と言えます。

それがかえって新鮮でもあり、インパクトがあります。

半袖短パンに合わせても十分かっこいいでしょう。

 

 

 

P1030580

 

 

実はこのエクスクルーシブなEXCEEDのアプデ、何を隠そう銀座店のプランなのです。

元々のEXCEEDの二面性をより現代のニーズに合わせて多面化させ、

カジュアルなバッグに上品なマテリアルを加えています。

カラーもお客様を悩ませる2トーン仕様。

6月1日からリリースされておりますが、おかげさまで在庫も残り僅かとなっております。

こちらもお早めに!

 

 

 

【リュック編】

P1030585

Ripe-v2 (No.222105-v2)

 

 

 

P1030584

 

 

もはや説明不要の神々しさ。ザ・キングオブキングス。

リュックにも様々な形が存在しますが、

やはり最大級のインパクトを与えるならバックパック。

Ripe-v2なら全体が防水レザーに包まれた贅沢なバッグです。

 

 

 

P1030609

 

 

“無条件にかっこいいと思ってしまう物”って、きっと説明が出来ない直観的なものだと思います。

メイドインジャパンの技術で作られたこのRipe-v2もそれを感じます。

プライスも正直master-pieceの中では中々のインパクトです。

それでもこれを手にされた方は、プライス以上に手で掴んだ砂が零れ落ちるかのごとく、

かっこいいという衝動が収まり切らないないでしょう。

 

 

夏に大きめバッグが良く映えるとお伝えしましたが、

夏が過ぎ、アウター必須の時期にも非常に相性が良いのがこのサイズのいいところ。

暑いからと大きいバッグを敬遠せず、是非ビッグサイズのボリュームを試してみてください。

固定概念が壊れるくらいかっこいいビッグサイズを揃えてお待ちしております。

 

 

 


〒104-0061
東京都中央区銀座2-2-14
マロニエゲート4F
TEL 03-5524-6500

銀座店 Twitter @ MSPC_GINZA
LINE  @ cbv1416b

 

 

 

 

 

[ssba]
  • Facebook
  • twitter
  • tumblr
  • instagram
  • Pinterest
  • Vimeo
  • Mail