歴史を越え在り続ける伝統“KINCHAKU”

, : update:18.02.23

P1040194

 

こんにちは、MSPC PRODUCT sort GINZAです。

平昌オリンピックが盛り上がりを見せる中、

日本はまだまだ寒い日が続いております。

とても春が待ち遠しい中、グッと物欲が沸騰する新作が入荷致しました。

 

 

P1040198

 

18SSの新シリーズ“KINCHAKU”です。

まさにその名の通り「巾着」をモチーフにしたシリーズです。

ところでこの巾着ですが、日本ではとても馴染み深いもので、

使った人はいないんじゃないかというほど当たり前にありますよね?

そこで、巾着について少し調べてみたのですが、

これがまた歴史が深いこと深いこと、、、!

 

なんと、歴史は縄文時代まで遡ります。

最古の物で、縄文遺跡から見つかった小袋を「縄文ポシェット」と呼ぶのだそう。

時代が変わり平安時代、この頃には布や皮で作った巾着がありました。

主に砂金や小砂金を入れ、当時の財布がこの巾着でした。

室町時代、江戸時代ではもっと多様的になり、

火打石や薬、はんこなど様々。

時代によって編み物であったり、皮であったり、

その時代時代で素材や大きさ、使い方が反映されています。

そして巾着は今現在も多くの人が広く慣れ親しんでいます。

 

そんな歴史の深ーーーーーい伝統的な巾着が、

master-pieceが作るとこういった姿形になります。

 

 

P1040168

KINCHAKU (No.02650)

 

巾着型のリュックです。これは一目見ただけで目を惹くほど珍しいタイプではないでしょうか。

現在巾着人気がじわじわ上がってきているのですが、

ポシェットという呼び方があるくらい、小袋タイプが一般的。

巾着を背負うなんて、昔の人たちは発想したでしょうか?

ナップサックはよくみかけますが、こちらはまったくマテリアルも異なります。

 

 

P1040172

 

 

レザーはソフトタッチ感のあるふわっとした気持ちの良い触り心地。

このふわっと感は国内最高品質の雄ホルスタインの原皮をクローム鞣しし、

さらに一手間も二手間も加え再現されています。

付属のスエードには贅沢に北米産の厚みがある原皮を使用し、

防水剤も染み込ませてあります。

これだけでもこのシリーズを作る意気込みがハンパじゃないのがひしひし伝わります。

 

 

P1040170

 

 

ボリュームはありますが、縦にすらっと伸びたスリムな立体感。

表情がシンプル、それでいてレザー。洋服などの合わせにも困らないうえ、

非常に大人っぽい雰囲気が出ます。

 

 

P1040173

 

 

巾着状なので、もちろんコードを緩めて上部から荷物の出し入れが出来ます。

このコードも全てレザーという拘り。

 

 

P1040175

 

 

そしてmaster-pieceではお馴染み、

移動中の取り出し易さを可能にするサイドファスナーももちろん付いております。

 

 

P1040193

 

 

フロントには縦に伸びた長いファスナーが付き、

すぐに取り出すものは大抵この部分に収納可能です。

また、サイドにも小物入れに最適なポケットが付いています。

中身がぱんぱんでなければドリンクホルダーとしても使えますよ。

 

 

P1040174

 

 

あれ?珍しく本体にブランドロゴがないんじゃない?と思った方、

KINCHAKUはコードの引き手部分にロゴがさり気なく刻印されています。

 

 

P1040167

KINCHAKU (No.02651)

 

 

こちらはワンショルダータイプ。

ボンサックの雰囲気で、左右の肩位置も変更可能。

リュックタイプよりももう少しスリムになっています。

 

 

P1040176

 

 

P1040177

 

 

P1040178

 

軽く肩掛けも良いですし、両手を開けるように斜め掛けも。

ちなみに、左右どちらの肩にかけても中身が取り出せる仕様です。

 

 

P1040165

KINCHAKU (No.02652)

 

 

小さめのショルダー付きポーチタイプです。

今回のシリーズは男女関係なくご使用いただけるシリーズですが、

この形は特に女性の方にはオススメです。

 

 

P1040179

 

 

P1040180

 

 

ショルダーベルトは本体のデザインを損なわない様、

細目になっている為、肩にかけてもスッキリとした見た目です。

 

 

P1040181

 

 

フロントポケットもファスナーが埋め込み式なので目立ちませんが、

小物はこちらにポイッと入れられます。

 

 

P1040164

KINCHAKU (No.02653)

 

 

さて、最後はこちらのミニ巾着。

本来の巾着に一番近いイメージではないでしょうか。

こちらの形も女性の方は好きな方が多いと思うので、

男性の方はホワイトデーのプレゼントにも最適ですし、

お揃いで持ってもいいですね。

 

 

P1040182

 

 

コードの部分を腕に通し、支えるように掴む持ち方。

荷物の少ない方、ふらっと近場に出かける方にはジャストサイズ。

でもそれでいて上品さは損なわないという絶妙なバランス。

これでいなたいイメージも解消でき一見落(巾)着、なんて。

 

 

P1040183

 

 

どの形も共通ディテールとして、

中身は明るいカラーで見やすいです。

さて、何を入れましょう?

 

 

P1040184

 

 

使い方は人それぞれなので、好きな物を入れてみてください。

古風な方は前述した大事なはんこや薬などを入れて、

当時の時代を再現してみてはいかがでしょうか。

 

 

P1040185

 

 

今回は3型3色(アイボリー/ブラック/グレー)の入荷でしたが、

今後は色鮮やかなレッドやブルーなどの入荷もスタンバイ中。

 

当時の歴史を思い浮かべて、現代的にアレンジされたKINCHAKUを使う。

なんだかとても奥行きの深いシリーズですよね。

タイムスリップして、当時巾着にハマっていた人たちに見せたら、

一体どんな反応をするんでしょうね?なんてことを考えるのも楽しい。

 

日本の歴史にも深く関わっている巾着を、

MADE IN JAPANに拘るmaster-pieceが作るのも必然だったように思えます。

何百年、何千年後かにこのKINCHAKUが歴史を語る物になっていたりして。

いや、そうなるといいですね!

ということで今シーズンの中でも本当に二押しも出来るシリーズです。

是非店頭に足を運んで頂き、歴史を体感しましょう!

それではお待ちしております。

 


 

〒104-0061
東京都中央区銀座2-2-14
マロニエゲート4F
TEL 03-5524-6500

銀座店 Twitter @ MSPC_GINZA
LINE  @ cbv1416b

[ssba]
  • Facebook
  • twitter
  • tumblr
  • instagram
  • Pinterest
  • Vimeo
  • Mail