AER “Work Collection” – Tech Pack & Day Pack -

: update:19.04.18

 

 

 

AER – Designed in San Francisco -

AER “Travel Pack 2″

AER “Flight Pack 2″

 

 

 

こんにちは。
MSPC PRODUCT sort OMOTESANDOの河上です。

 

引き続きAERの紹介を。

前回まで紹介していたシリーズはAERのTravel Collection。
まだまだシリーズ内に多岐にわたるモデルがあるのですが、まずはコレクション問わずバックパックのカテゴリーで比較していきたいので、本日は”Work Collection”から2型バックパックを紹介させて下さい。

 

s__DSC2906

s__DSC2917

AER ” Work Collection ”

マテリアルに堅牢かつ軽量な1680Dのコーデュラバリスティックナイロンを使用しているのはTravel Collectionと変わりませんが、
メインパネルに撥水加工された素材を使用することで、モバイルガジェット類の水による被害を抑える素材使いや、
PC周りの細々とした周辺機器を収納できるようにTravel Packよりも大きく取られたマチ、バッグ自体が自立する構造など。

モバイルガジェットを使用し、様々な環境で仕事を行うプロフェッショナル向けのコレクション。

 

s__DSC3055

“AER” – Tech Pack – ¥33,000+tax-

 

Tech Packはモバイルガジェットを整理・保護できるようデザインされたバックパック。

使用時にバッグ本体が自立する構造になっており、スマートな収納を可能にするマルチコンパートメントが備わっています。

全てのコンパートメントにはYKKのAqua Guardジッパーを使用し、より強固なデジタルデバイスの保護に繋がります。

 

大きさは高さ48cm/横32cm/幅18cm。

最大容量は16.2L。

 

 

 

s__DSC2924

 

外部のマテリアルには撥水加工された素材を使用。

 

s__DSC2927

s__DSC2930

 

外部サイドには1680Dのコーデュラバリスティックナイロンを使用。

ウォーターボトル用ポケット。

アクセスしやすく比較的容量の大きいサイドポケット。

バッグ本体の自立する構造。

 

s__DSC2935

s__DSC2936

s__DSC2942

s__DSC2950

 

バックルはDURAFLEXプラスティックハードウェアを。

日々の必需品を整理収納できるインナーポケット。

小さな貴重品を保管でき、簡単にアクセスが可能なトップポケット。

15.6インチまで対応が可能な、アクセスしやすいラップトップ用ポケット。

快適さと通気性のあるパッド付きメッシュバックパネル。

パッド付きのサイド・トップハンドル。

 

s__DSC3002

 

使用する際に自立する構造、モバイルガジェットを整理・保護できるようデザインされている事もあり、

バックパック自体のマチはかなり確保されています。

 

モバイルガジェットだけでなく、日頃持ち運ぶ書類や資料が多い方にもお勧めできるモデル。

 

 

s__DSC3067

s__DSC3064

s__DSC3017

s__DSC3030

 

物だけで見ると撥水加工された素材とコーデュラバリスティックナイロンの切り替えが、デザインされているように見えますが、

背負うと不思議と溶け込む、AERのシンプルさが伝わってくる仕様。

 

また、AERの中でも特に容易にアクセスしやすいサイドポケットが付属するモデル。

普段からサイドポケットを多用される方はこのモデルを選ばれると良いかと思います。

 

 

 

次はDay Packの紹介を。

 

s__DSC3033

 AER “Day pack”  ¥21,000+tax-

 

Day Packは現代的なワークプレイスで働く人々に向けたバックパック。

Tech Pack同様、使用時にバッグが自立する構造になっており、装飾の少ないデザイン、スマートな収納を可能とするマルチポケットが備わったモデル。

 

高さ46cm/横30.5cm/幅14cm。

 

s__DSC2959

 

外部のマテリアルには撥水加工された素材を使用。

外部サイドには1680Dのコーデュラバリスティックナイロンを使用。

 

s__DSC2964

 

ジップはYKKを使用。

小さな貴重品を保管でき、簡単にアクセスが可能なトップポケット。

 

s__DSC2965

s__DSC2968

s__DSC2972

 

バッグ本体の自立する構造。

日々の必需品を整理収納できるインナーポケット。

15.6インチまで対応が可能な、アクセスしやすいラップトップ用ポケット。

 

s__DSC2989

 

バックルはDURAFLEXプラスティックハードウェアを。

快適さと通気性のあるパッド付きメッシュバックパネル。

 

s__DSC2984

 

サイズダウンしても使用する際にバッグが自立する構造は健在です。

 

s__DSC2954

 

Tech Packと比較するとメインポケット内にラップトップケースが付属する仕様。

バッグ自体の全体的なサイズ感もボリュームも小ぶりにしたモデル。

YKKの止水ジップではなく、通常のジップに変更するなど、より街中で使用する事を想定した軽快なモデル。

 

s__DSC3041

s__DSC3045

s__DSC3052

 

値段も手頃、気軽に使えるサイズ感。

 

より日常的に使用できるAERのエントリーモデルの様な存在です。

 

s__DSC3013

 

先日紹介したFlight Packと似た様なサイズ感。

ですが、リュック専用でお使いになる方や、PC周りの細々とした周辺機器を常に持ち歩く方などはポケット内収納のマチの広いDay Packをご検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO OFFICIAL TWITTER

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO OFFICIAL INSTAGRAM

MSPC OFFICIAL WEBSITE

MSPC ONLINE STORE

 

 

皆様のご来店をお待ちしております。

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO 河上

TEL:03-6433-5566

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-16-13 X2区画

[ssba]
  • Facebook
  • twitter
  • tumblr
  • instagram
  • Pinterest
  • Vimeo
  • Mail