OMOCHA 平塚道中膝栗毛

: update:19.06.05

こんにちは。テラスモール湘南店です。

最近はうだるような暑さや突発的な豪雨が続き、なかなか外に出る気も
起きなくなってしまいます。休日を家にこもって過ごしてしまう方も多いのではないでしょうか。
MSPCにはそんな休日のお出かけを少しだけ楽しくしてくれるレトロな新作【OMOCHA】が登場致しました。
今回は湘南店のある辻堂駅から2駅離れた平塚駅周辺を舞台に
ついお洒落して出かけたくなるような休日の過ごし方をお届けします。

JR辻堂駅から東海道線を進み、茅ヶ崎駅を越えた先にある平塚駅。
北口には飲み屋や飲食店が軒を連ねる繁華街が、
南口には相模湾を望む平塚ビーチパークやお洒落でローカルな飲食店などが点在しています。
程よい活気と程よい田舎が混在する湘南らしいゆったりした地域を、湘南店スタッフとめぐります。

TOTE BAG

トート1

休日、やる事もなく少し遅く目が覚めてしまった朝は外に出るのもおっくうになってしまいます。
買いものを口実に新しいバッグと海にでかけてみてはいかがでしょうか。
荷物が増えそうな日にはトートバッグが活躍してくれます。
ビニール袋をイメージして作られた形の、どこかチープでかわいらしい雰囲気は
シンプルなコーディネートの中にもさりげなく花を添えてくれます。

駅ちかの古着屋さんにでも立ち寄ったあと、
平塚駅南口から20分ほど歩き国道134号線に突き当たった先。陸橋を越えると
平塚ビーチパークがあります。

トート8

 

因みにこの陸橋からは晴れていれば富士山が見える事も。

 

とーと9

道路と海の境目にある防風林の木陰で一瞬の涼しさを感じたあと、平塚の海が見えてきます。

このビーチにはウッドデッキがあり、思い思いの時間を過ごす人達が集まります。
友達とバレーやバスケを楽しむ学生や、サーフィンに興じる方まで
湘南らしい雰囲気を存分に味わう事が出来ます。

トート2

ウッドデッキに腰かけて心地よい日差しと海風の中、そんな景色をぼーっと眺めてみるのもいいでしょう。

たまには裸足になって浜辺を歩いてみてもいいかもしれません。

海2

もしカメラがあればそれだけでも楽しむことが出来るのでお勧めですよ。

すっかりリフレッシュして家路につく頃、バッグの軽さに心なしか足取りも軽く感じられます。

NECK POUCH

ネック4

ちょっとそこまで飲み物でも買いがてら街を散策してみると新しい発見があるものです。
リュックやトートを背負うほどでもないそんな時、ネックポーチが活躍してくれそうです。
ライトで独特な見た目とは裏腹に非常に洗練された使い勝手を提供してくれるmaster-pieceからの新提案です。

まずは普段歩かない通りを適当に歩いていきました。

ネック5

見慣れない道ながらとりあえずお目当ての自販機を発見。

ネックポーチは大小のポーチが一体になっており、片方にはスマホを
もう片方はそのままお金を入れてお財布代わりにしてみたりと使い方は人それぞれ。
お目当てを手に入れたらあとはひたすら歩きます。
ある程度歩いてみると平塚には公園がとても多い事に気づきます。

ネック6

大通りから一本脇道にそれると、お世辞にもきれいとは言えない廃れてしまった公園を発見。

ネック3

取り残されたように立っているブランコに座って
日々の喧騒を忘れてこの不思議な時間に浸ってみるのもいいでしょう。

どこかノスタルジックな空間と、古着と組み合わさったネックポーチは
ファッションにも新しい感覚をもたらしてくれそうです。
荷物を持っているのを忘れさせてくれるような使い心地を是非体感してみてください。

NAP

ナップ1

平塚は友達と待ち合わせてご飯を食べに行くのにも最適な場所です。
少し歩けばラーメン焼肉イタリアンと大抵のものは全て揃っていると言っても過言ではありません。

待ち合わせにはお気に入りの服を着てお気に入りのバッグで出かけたいですよね。
STANCEの靴下にジャージにキャラTと派手派手ときたらバッグも派手に。
OMOCHAシリーズはレトロな見た目もさることながら
ポップなカラーバリエーションも特徴のひとつです。
ファッションのテイストによって色を選ぶ楽しさも提供してくれます。

ナップ2

駅前での待ち合わせ。仕事終わりのサラリーマンが帰路に着くなか
アイコニックなスタイルは特に目を惹きます。

ナップ4

合流したら北口は紅谷町パールロード商店街でお店探し。

メインストリートにはラーメン屋や焼き鳥屋、一本入れば本格的なインドカレー屋さんまで何でもそろいます。
丁度金曜日の紅谷町はどこも賑わっていました。
結局お目当てを中華に決めて南口へ。

ナップ5

平塚で唯一の古着屋さんのすぐ近く、何十年も続く平塚ソウルフード
レトロで相席も当たり前なほど狭い店内でもコンパクトなNAPはうっとうしさを感じさせませんでした。

いかがでしたでしょうか。
新作【OMOCHA】の持つ魅力をどこかレトロでムーディーな平塚の街と共にご紹介してきました。
気に入って頂けた形がありましたでしょうか。
もちろん今回紹介しきれなかった型やカラーバリエーションなども豊富にご用意しております。
テラスモール湘南へお越しの際は、master-pieceのバッグと共に

足を伸ばして平塚を散策してみるのもいいかもしれません。

皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。

[ssba]
  • Facebook
  • twitter
  • tumblr
  • instagram
  • Pinterest
  • Vimeo
  • Mail