sort GINZA

P1040618

 

こんにちは、MSPC PRODUCT sort GINZAです。

皆様、お花見はされましたか?

私はたまたま撮影で銀座を歩いていた時に桜スポットを見つけ、

銀座でも桜が見れるんだぁと嬉しくなりました。

 

4月に入り新生活をスタートした方も多いと思います。

今月はいよいよmaster-pieceの新作も盛り沢山でお送りする月となります。

今回はカタログをご覧になっていた方で、入荷待ちのお声が多かった新作の一つ、

“EVER”をご紹介致します。

 

 

P1040651

EVER No.24250

 

パッと見ただけでmaster-pieceらしさ溢れる新シリーズ“EVER”

過去シリーズのデザインを踏襲しつつ、今っぽさもしっかり取り入れており、

懐かしいと感じる方もいれば、新鮮に感じる方もいることでしょう。

 

 

P1040627

 

 

以前少し大きいサイズでリリースしていたこちらのリュックは、

この季節らしく一回りサイズダウンしてデイリーユースなサイズ感となっています。

 

 

P1040654

 

 

女性が背負ってもこの通り、ちょうど良い大きさですね。

ショルダー部分の接地面もフェルト地で洋服に優しいのも嬉しいポイント。

 

 

P1040644

 

さて、気になる素材ですが、ご覧に通り「デニム」を使用しています。

がしかし、ただのデニムじゃございません。

写真に写るピスネームの「CODURA®NYCO fabric 」という文字。

縦糸にはコットンと、通常のコットンに比べ6倍以上の摩耗強度、

2倍以上の引っ張り強度を持つ上記のファブリックを使用。

デニム自体にはデニム主要生産地の一つ、広島県福山市にて織った12ozデニムを使用。

簡単に言うと、通常のデニムと違いとにかくタフ!ということですね。

 

P1040630

 

 

前面の真鍮ネームプレートも上品でいい感じですね。

そして荷物を支える底の生地には防弾チョッキなどで使用されることでお馴染みの、

CODURA®Baristic Nylonを使用しており、裏面にPU加工を施し、

更に強度を向上させている点も心強い仕様です。

 

 

P1040631

 

 

こういった引手一つとっても、上品な仕上がりとなっています。

こういうところもデザインの中で重要なポジションです。

 

 

P1040607

 

 

ナイロン混合の12ozデニムなので、

暖かくなってくるこれからの季節で気になる 「重さ」自体も、非常に軽いです(870g!)。

 

 

P1040610

 

 

さて、荷物の取り出しの仕方ですが、上部は被せ仕様になっています。

ですがご安心下さい、いつものアレもばっちり付いています。

 

 

P1040632

 

 

そうです、サイドファスナーです。

内ポケットも同じ角度から小物の出し入れが出来ますよ。

 

 

P1040629

 

 

上部の被せ自体もボタン一つで開け閉め可能。

こういうのって、本当にジャパンブランドだからこその気遣いなんですよね。

 

 

P1040628

 

 

荷物が増えたらボタンの外せばマチの拡張も出来るので、

小ぶりな装いでもしっかり荷物の持ち運びが出来ます。

 

 

P1040649

EVER No.24251

 

 

こちらはトートバッグです。

リュック同様以前のものよりサイズダウンしています。

 

 

P1040642

 

 

デニムのトートでこんなに上品で機能美を含んだデザインのもの、

そうそうないと思います。これならオフィスカジュアルとしても使えそうな雰囲気です。

 

 

P1040615

 

 

個人的に外側にドリンクホルダーが付いているトート、オススメです。

トートバッグは結構いろいろ詰め込んでしまうので、

少しでも容量の確保をしたいですし、埋もれている中から物を探すのも面倒ですよね。

外側にペットボトルや折り畳み傘を入れられれば、すぐ取り出しできますし、

中を漁らなくても済みますよね。

 

 

P1040645

 

 

そしてここも嬉しいポイントなのですが、

横型のトートでフルジップ仕様の間口って意外と珍しいんですよね。

防犯やプライバシー保護のために、

ファスナーを全て閉じたいという方は結構多いので、

EVERのトートならそこも抜かりなく完璧な仕様です。

 

 

P1040646

 

 

さて、いかがでしたでしょうか。

色々説明して来ましたが、なんだかんだ一番の醍醐味は「エイジング」です。

デニムとヌメ革という両素材とも経年変化を楽しめる贅沢な仕様なのです。

デニムに関しては横糸に使用している為、横糸からエイジングの過程を楽しめます。

お使いいただく方によって、「For Ever」の方もいれば、

もの凄く愛着が湧いてくれば、他にはない「Never Ever」な魅力あるバッグに育つでしょう。

それぞれのEVER、是非お楽しみください。

今回はリュック&トートのご紹介でしたが、

後続でショルダーバッグ2型も入荷します。経験上、どれも売り切れるのが早いと予想。

気になった方は迷わずお手に取り下さい!

 

 

最後に告知です。

 

 

2018-04-07 12 53 08

 

MSPC PRODUCT sortのオフィシャルインスタグラムアカウントがあるのはご存知でしょうか?

各店のコーディネートや新作のご紹介もしていますので、

インスタグラムのアカウントをお持ちの方は是非「mspcproduct_sort」で検索して、

フォロー&チェックしてみて下さい!よろしくお願いします!

 

 


〒104-0061
東京都中央区銀座2-2-14
マロニエゲート4F
TEL 03-5524-6500

銀座店 Twitter @ MSPC_GINZA
LINE  @ cbv1416b

P1040194

 

こんにちは、MSPC PRODUCT sort GINZAです。

平昌オリンピックが盛り上がりを見せる中、

日本はまだまだ寒い日が続いております。

とても春が待ち遠しい中、グッと物欲が沸騰する新作が入荷致しました。

 

 

P1040198

 

18SSの新シリーズ“KINCHAKU”です。

まさにその名の通り「巾着」をモチーフにしたシリーズです。

ところでこの巾着ですが、日本ではとても馴染み深いもので、

使った人はいないんじゃないかというほど当たり前にありますよね?

そこで、巾着について少し調べてみたのですが、

これがまた歴史が深いこと深いこと、、、!

 

なんと、歴史は縄文時代まで遡ります。

最古の物で、縄文遺跡から見つかった小袋を「縄文ポシェット」と呼ぶのだそう。

時代が変わり平安時代、この頃には布や皮で作った巾着がありました。

主に砂金や小砂金を入れ、当時の財布がこの巾着でした。

室町時代、江戸時代ではもっと多様的になり、

火打石や薬、はんこなど様々。

時代によって編み物であったり、皮であったり、

その時代時代で素材や大きさ、使い方が反映されています。

そして巾着は今現在も多くの人が広く慣れ親しんでいます。

 

そんな歴史の深ーーーーーい伝統的な巾着が、

master-pieceが作るとこういった姿形になります。

 

 

P1040168

KINCHAKU (No.02650)

 

巾着型のリュックです。これは一目見ただけで目を惹くほど珍しいタイプではないでしょうか。

現在巾着人気がじわじわ上がってきているのですが、

ポシェットという呼び方があるくらい、小袋タイプが一般的。

巾着を背負うなんて、昔の人たちは発想したでしょうか?

ナップサックはよくみかけますが、こちらはまったくマテリアルも異なります。

 

 

P1040172

 

 

レザーはソフトタッチ感のあるふわっとした気持ちの良い触り心地。

このふわっと感は国内最高品質の雄ホルスタインの原皮をクローム鞣しし、

さらに一手間も二手間も加え再現されています。

付属のスエードには贅沢に北米産の厚みがある原皮を使用し、

防水剤も染み込ませてあります。

これだけでもこのシリーズを作る意気込みがハンパじゃないのがひしひし伝わります。

 

 

P1040170

 

 

ボリュームはありますが、縦にすらっと伸びたスリムな立体感。

表情がシンプル、それでいてレザー。洋服などの合わせにも困らないうえ、

非常に大人っぽい雰囲気が出ます。

 

 

P1040173

 

 

巾着状なので、もちろんコードを緩めて上部から荷物の出し入れが出来ます。

このコードも全てレザーという拘り。

 

 

P1040175

 

 

そしてmaster-pieceではお馴染み、

移動中の取り出し易さを可能にするサイドファスナーももちろん付いております。

 

 

P1040193

 

 

フロントには縦に伸びた長いファスナーが付き、

すぐに取り出すものは大抵この部分に収納可能です。

また、サイドにも小物入れに最適なポケットが付いています。

中身がぱんぱんでなければドリンクホルダーとしても使えますよ。

 

 

P1040174

 

 

あれ?珍しく本体にブランドロゴがないんじゃない?と思った方、

KINCHAKUはコードの引き手部分にロゴがさり気なく刻印されています。

 

 

P1040167

KINCHAKU (No.02651)

 

 

こちらはワンショルダータイプ。

ボンサックの雰囲気で、左右の肩位置も変更可能。

リュックタイプよりももう少しスリムになっています。

 

 

P1040176

 

 

P1040177

 

 

P1040178

 

軽く肩掛けも良いですし、両手を開けるように斜め掛けも。

ちなみに、左右どちらの肩にかけても中身が取り出せる仕様です。

 

 

P1040165

KINCHAKU (No.02652)

 

 

小さめのショルダー付きポーチタイプです。

今回のシリーズは男女関係なくご使用いただけるシリーズですが、

この形は特に女性の方にはオススメです。

 

 

P1040179

 

 

P1040180

 

 

ショルダーベルトは本体のデザインを損なわない様、

細目になっている為、肩にかけてもスッキリとした見た目です。

 

 

P1040181

 

 

フロントポケットもファスナーが埋め込み式なので目立ちませんが、

小物はこちらにポイッと入れられます。

 

 

P1040164

KINCHAKU (No.02653)

 

 

さて、最後はこちらのミニ巾着。

本来の巾着に一番近いイメージではないでしょうか。

こちらの形も女性の方は好きな方が多いと思うので、

男性の方はホワイトデーのプレゼントにも最適ですし、

お揃いで持ってもいいですね。

 

 

P1040182

 

 

コードの部分を腕に通し、支えるように掴む持ち方。

荷物の少ない方、ふらっと近場に出かける方にはジャストサイズ。

でもそれでいて上品さは損なわないという絶妙なバランス。

これでいなたいイメージも解消でき一見落(巾)着、なんて。

 

 

P1040183

 

 

どの形も共通ディテールとして、

中身は明るいカラーで見やすいです。

さて、何を入れましょう?

 

 

P1040184

 

 

使い方は人それぞれなので、好きな物を入れてみてください。

古風な方は前述した大事なはんこや薬などを入れて、

当時の時代を再現してみてはいかがでしょうか。

 

 

P1040185

 

 

今回は3型3色(アイボリー/ブラック/グレー)の入荷でしたが、

今後は色鮮やかなレッドやブルーなどの入荷もスタンバイ中。

 

当時の歴史を思い浮かべて、現代的にアレンジされたKINCHAKUを使う。

なんだかとても奥行きの深いシリーズですよね。

タイムスリップして、当時巾着にハマっていた人たちに見せたら、

一体どんな反応をするんでしょうね?なんてことを考えるのも楽しい。

 

日本の歴史にも深く関わっている巾着を、

MADE IN JAPANに拘るmaster-pieceが作るのも必然だったように思えます。

何百年、何千年後かにこのKINCHAKUが歴史を語る物になっていたりして。

いや、そうなるといいですね!

ということで今シーズンの中でも本当に二押しも出来るシリーズです。

是非店頭に足を運んで頂き、歴史を体感しましょう!

それではお待ちしております。

 


 

〒104-0061
東京都中央区銀座2-2-14
マロニエゲート4F
TEL 03-5524-6500

銀座店 Twitter @ MSPC_GINZA
LINE  @ cbv1416b

 

P1030958

 

 

P1030945

 

 

P1030956

 

 

こんにちは、MSPC PRODUCT sort GINZAです。

GINZA店からは年内最後の更新となります。

今年も沢山のお客様にご来店頂き、

有難い限りです。ありがとうございます。

今年も残すところあと僅かです。

 

マロニエゲートは毎年恒例、

建物入り口やビル内にクリスマスツリーや装飾が出現。

今年は世界を代表する花絵師「藤川靖彦」氏プロデュースした、

「インフォラータ」が建物の内外を包みます。

 

さて、クリスマスといえばプレゼント選びや、

ご自身への一年間のご褒美にバッグやお財布をお選びするが多くご来店されます。

そこで必ずお客様を悩ませるのが“カラーチョイス”…!

特に多いのが“ブラック” or “ネイビー”で、

この2カラーはバッグ選びにおいて永遠のライバル関係といっても過言ではありません。

どちらも合わせやすいというのがポイントです。

 

今回はmaster-pieceの新作アイテムで、

このブラックとネイビーで印象が大きく異なる物をご紹介。

上記でお悩みの方の参考になればと思います。

 

P1030919

Gloss-v2 (No.01663-v2 /Black)

 

まずはmaster-pieceでお馴染みのGlossシリーズ。

去年バージョンアップを果たし、

クオリティーアップした同シリーズの新型。

 

 

P1030920

 

2層構造とB4サイズ対応の貴重なサイズ。

マチも含めコンパクトながらも整理整頓出来る優れもの。

ブラックはチラッと見える内装のボルドーカラー以外は、

レザーの質感の優しさとは背反しクールに黒一色。

さて、ネイビーはというと、

 

 

P1030921

Gloss-v2 (No.01633-v2 / Navy)

 

上部がネイビー、下部がブラウンのバイカラー。

深い寒色系とそれを支える縁の下の力持ち的ブラウンカラー。

1トーンがお好きな方はブラック、

2トーンがお好きな方はネイビー。

うーん、やはり迷いますね。

 

 

P1030924

Brass (No.525124 / Black)

 

ギフト選びの一つとして外せない小物。

このBrassシリーズはパーツも配色も、

非常にmaster-pieceらしい見た目でオススメです。

ビンテージゴールドカラーのパーツ、

そしてその中央にどんと鎮座する真鍮のロゴプレート。

ブラックは付属のレザーがホワイトに。

一見してほとんど黒のみに見えますが、

実は淵の部分がネイビーになっている小粋な配色です。

 

 

P1030925

 

コインケースでもあり、キーホルダーでもあり、

この半月方がコンパクトで使い勝手が良い。

こういう“ジャラジャラ”の感じ、

好きな男性も多いはず。

 

 

P1030926

Brass (No.525124 / Navy)

 

ネイビーは、本体にネイビー、付属のレザーにキャメル、

淵の部分にはワインレッドを。ブラックもかっこいいですが、

ネイビーはmaster-pieceのオールドスクール的な雰囲気です。

 

 

P1030928

Revise (No.12701 / Black)

 

先週のルクア店ブログでも紹介されていた、

「Revise」シリーズ最新作。早いものでもう18ssの新作です。

まず、パッと見てこの形にこのサイズ、

昔のウエストポーチを踏襲するような見た目に、

master-piece流の現代的エッセンスを加えた、

見た目とは裏腹にハイブリッドな逸品。

ブラックは潔くオールブラック。

 

 

P1030931

 

ショルダーバッグとしてお使い頂けますが、

裏面が財布代わりになるポケットを配置し、

良い意味でこのボテっとしたフォルムを見ると、

やはりウエストで使いたくなってきます。

 

 

P1030932

Revise (No.12701 / Navy)

 

さぁ、こちらのネイビーの配色は、

これぞmaster-pieceと感じる方も多いネイビー×キャメルの組み合わせ。

落ち着いた色にキャメルがアクセントになっています。

特に冬の時期は暗めのアウターから浮かび上がるような、

キャメルが良い味出してますね。

でもスウェードのブラックも男らしくて捨てがたい…

こちら、ルクア店ブログも是非参考にして下さい!

 

 

P1030950

POTENTIAL-v2 (No.01741 / Black)

 

ついに登場したmaster-pieceが誇る看板シリーズ、

「POTENTIAL」のアップデートバージョン。

こちらも18SSの新作ですが、

現在直営店&オンラインにて先行販売中!

 

前バージョンのブラックはメインカラーにブラックを使用しながらも、

レザーのカラーはキャメル、オリジナルの金具がレッドという配色でした。

今回は上記に書いた部分が全てブラックへ変わり、

よりクールな印象になりました。

 

 

P1030952

 

もちろんこれまで通り、

オリジナルの金具は別売りのものを使用しカラーチェンジ可能。

このワンポイントを変えるだけでもかなり印象が変わります。

ギフトでしたらこちらもセットにされると、

他の方と被り辛い特別なモデルになります。

 

 

P1030951

POTENTIAL-v2 (No.01741-v2 / Navy)

 

お客様によっては、「これがmaster-pieceのイメージ」

とおっしゃって頂くことも多いPOTENTIALのネイビー。

レザーも程良く目立ってくれて、輪郭がくっきりする分、

より形の立体感が分かるカラーとなっています。

特にPOTENTIALのブラックorネイビーで悩む方が多いですが、

アップデートしたことにより、もっと悩ませてしまう結果になっているかもしれません(笑)

よろしければ前回の新宿店ブログもご参考に!

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回売り切れてしまって紹介しきれなかったものもあるのですが、

もちろんブラック、ネイビー以外にも様々なカラーが揃っているのが直営店の良いところ。

決めきれない場合は各店スタッフが一緒にお選びいたしますので、

是非ご相談してみてくださいね!

 

それではまた来年!

良いお年を!

 


 

〒104-0061
東京都中央区銀座2-2-14
マロニエゲート4F
TEL 03-5524-6500

銀座店 Twitter @ MSPC_GINZA
LINE  @ cbv1416b

IN YOUR HUE

, : update:17.11.01

P1030842

 

こんにちは、MSPC PRODUCT sort GINZAです。

雨、雨、雨、ですね。

既に10月も終わろうとしていますが、

10月は本当に雨の印象しかありません。

せめてブログだけでも明るい内容にしたい!

と考えまして、今回はこういった内容で書かせて頂きます。

題して「IN YOUR HUE」

 

寒くなればなるほど洋服の色は落ち着いていく方が多いと思います。

そんな季節だからこそ、

バッグや小物にアクセントカラーを取り入れたい方もまた多いはず。

master-pieceの2017AW新作でも一際目を惹くバッグがリリースされています。

それではさっそく。

 

 

 

P1030833

 

P1030834

Name.×master-piece Collaboration Series

(No.02110-NM)

 

2017SSでのコラボも記憶に新しいName.とのコラボ第二弾。

master-pieceでも今年リリース以降人気の“LIGHTNING”のバックパックをベースに、

今期Name.のアパレルでも採用されている印象的なアートワークを落とし込み、

まるでアートを背負っている様な幻想的なバッグとなっています。

映像を見ているかのようなアートワークは必見。

 

 

 

 

P1030836

 

P1030837

HUNTER (No.01237-v2)

 

リリース後、

各媒体で掲載されてから話題となった“HUNTER”のスリングバッグ。

過去にリリースしたmaster-pieceの“HUNT”のDNAを引き継いだ新作。

高い強度と防水性を誇る同モデルの特徴はなんといっても見た目。

パッと見は「デイパ」、実際の使い方は「メッセンジャー」

とハイブリッドなモデル。両者の良いとこ取りで使い勝手もGOOD。

カラーも一目でmaster-pieceと分かるデザインとなっています。

 

 

 

 

P1030838

 

P1030839

RALGO (No.525143)

 

北米産ステアレザーのシュリンクが特徴の“RALGO”

当初ブラック、グレー、グリーン、ネイビーの4色で企画されていましたが、

秋冬の中でも特にビビッドなオレンジが緊急参戦。

レザーがより引き立つカラーとなっています。

このサイズ感は特に女性の方にもオススメしたいモデル。

 

 

 

 

P1030840

 

P1030841

SPEC (No.02569)

 

こちらも2015AWリリース後も大好評のシリーズ“SPEC”

どちらかというと大ぶりな印象の強いSPECですが、

今期はミニショルダーを2型を新規リリース。

そのうちの一つがこちら。二層タイプとなっていて、

メインにはファスナーが2つ付いている為、

取り出すものによって開閉する場所を変えられる優れもの。

このネイビー×キャメルのカラーはSPECの中でも一番ビビッドです。

 

 

 

P1030844

 

P1030845
今回は新作から4型ご紹介しましたが、

まだまだ多くのアクセントカラーアイテムがございます。

バッグの定番と言えばブラックですが、

スタイルに決めつけは不要!

秋も冬もバッグを楽しくお洒落にいきましょう!

それではまた次回。

 

 

 


 

〒104-0061
東京都中央区銀座2-2-14
マロニエゲート4F
TEL 03-5524-6500

銀座店 Twitter @ MSPC_GINZA
LINE  @ cbv1416b

 

P1030794

 

 

こんにちは、MSPC PRODUCT sort GINZAです。

2017年9月、マロニエゲートは開業10周年を迎えました。

同時に、MSPC PRODUCT sort GINZAもオープン10周年となりました。

これもひとえに皆様のご愛顧とご支援によるものと深く感謝しております。

それを記念して、GINZA店は感謝の気持ちとして、

特別なアイテムをご用意させて頂きました。

 

まずはこちらをご覧下さい。

 

 

P1030795

STREAM (No.55520) color : BLACK, NAVY

 

 

こちらは今年初登場した「STREAM」シリーズの2Wayバッグ。

STREAMはリリースされて以降、

今ではmaster-pieceを代表するビジネスバッグとなりました。

軽量・高強度・防水・透湿、シンプルな見た目とは裏腹に、

その機能性が今なおご好評を得ています。

近年ビジネススタイルも変化しつつあり、

ビジネスバッグをリュックに変える方が非常に多くなりました。

 

今回はこのSTREAMを、GINZAマロニエ店だけの特別仕様に致しました。

他の店舗では手に入りません。今回限りのエクスクルーシブです。

 

 

 

P1030809

GINZAマロニエ限定STREAM (No.55520-CL) color : NAVY

 

 

まずは先程ご紹介した2Wayタイプの特別仕様版。

今回は“ネイビー一色のみ”のカラー展開です。

具体的に何が変わっているのか、ご説明していきます。

 

 

P1030796

【通常版】

 

 

通常版は、オリジナルファブリックである「MASTERTEX-05」を使用し、

付属のレザーは本体カラーと同じくネイビーで統一。

テープやファスナーはブラウンとなっています。

 

 

P1030802

【限定版】

 

 

まずは本体が光沢のある「MASTERTEX-06」に変更され、

より上品な仕上がりに。

そして、付属のレザーやテープ、ファスナーはブラックに統一。

メリハリの効いた綺麗めな装いとなっております。

STREAMでこのカラーのコンビネーションはマロニエ限定のみ。

 

そして何故今回ネイビー一色に拘ったのか。

それは、仮にブラック一色を作ってもかっこよかったと思います。

しかしブラックはビジネスバッグなら定番カラーであり、

通常版でもブラックは存在します。

今回はとことん特別に拘りたかったので、

通常ではないコンビネーションが分かりやすいネイビーを選択。

そして現在通勤がリュックでいけるとなると、

見た目もとにかく周りと差をつける為、お洒落にしたかったのです。

個人的に、ビジネスマンの方がネイビーを上品に使いこなしているのは、

とてもかっこよく見えます、、、!

以上のことから、今回はネイビー一色のみの展開とさせていただきました。

 

さて、見た目を変えただけではよくある話。

限定版は見た目以外にもちょっとした使いやすさをプラスしています。

 

 

 

P1030797

【通常版】

 

 

内装は、外装のテープなどを同じブラウンを使用し、

落ち着いたシックな印象。

 

 

P1030804

【限定版】

 

 

限定版は、現在master-pieceのバッグには広く取り入れられている、

キャメルカラーの内層になっており、

中身が深部までより見やすくなっています。

 

 

P1030803

【限定版】

 

 

最後に、

通常版ではなかったショルダーテープのエンド部分を止めるハーネスを追加。

余った部分を止めることにより、幾分かルーズさを軽減します。

 

 

P1030805

 

 

STREAMは見た目がシンプルな分、

横持にしても縦のイメージがあまり目立ちません。

リュックとしての使い方がメインであれば、2Wayタイプがオススメです。

 

 

 

P1030798

GINZAマロニエ限定STREAM (No.55510-CL) color : ネイビー

 

 

STREAMのリリース当時、最も支持を得ていた3Wayタイプ。

現在も劣らず人気であり、限定版の仕様でさらに上品な横持が可能です。

 

 

P1030799

 

 

両手を開けたい場合は、ショルダーベルトを使用するか、

リュック持ちを。

先程の2Wayよりも多く荷物が入るので、

容量が多い方や、フォーマルにも活用したいという方は、

3Wayタイプがオススメです。

 

 

 

POP

 

 

既にお察しの方もいらっしゃると思いますが、

どちらも極めて少量生産です。

10周年記念ということで、今回限り。

去年から企画し、

色々候補がある中で悩みに悩んで作ったので、

私たちにとっても思い入れと自信のあるアイテムです。

気になる方は是非お早めにご来店下さい。

お電話でもお取り置き可能です。

 

 

それでは引き続き、

今後ともマロニエゲート、MSPC PRODUCT sort GINZAを宜しくお願い致します!

 


〒104-0061
東京都中央区銀座2-2-14
マロニエゲート4F
TEL 03-5524-6500

銀座店 Twitter @ MSPC_GINZA
LINE  @ cbv1416b

P1030745

 

こんにちは、MSPC PRODUCT sort GINZAです。

皆様、26日(土)曜日から配布されている、

master-piece 2017 AWカタログはご覧になられましたか?

 

 

P1030764

 

 

既に入荷していもの、これから入荷する最新作までご覧いただけます。

特に注目頂きたいのが今回のカタログでは、

世界で活躍する日本人をモデルに起用したスタイルカットがあり、

これまでとは一味違った世界感で新作を見ることが出来ます。

 

 

P1030760

 

 

さて、毎シーズンカタログ掲載とは別に、

限定商品やコラボ商品がリリースされており、

今回はカタログ未掲載の新作コラボバッグをご紹介致します。

 

 

thm_kinfolk

 

ブルックリン発のブランド、「KINFOLK」

ニューヨーク・ブルックリンを拠点とし、

様々なクリエイターが集まるクリエテイティブコレクティブ。

 

 

Kinfolk_90-960x630

 

 

KINFOLKのショップはゆったりとした空間が広がるカフェに、

彼らのデザインスタジオが併設されており、

更にはアパレルショップも同施設に設けられ、

ショップでは定期的にイベントが行われるスペースやギャラリーもあり、

このショップに来るだけでブランドを丸ごと体感できるようになっています。

 

このクリエイティブコレクティブ(クリエイター集団)は、

様々な才能を持ったクリエイターが集結し、

一つの枠に収まらない活動を行います。

この集団が近年、メジャー、インディー問わずとても盛り上がっています。

 

KINFOLKの場合、前述したカフェがあればアパレルもあり、

ブランドの枠を飛び越えたキュレートを行う事で新しい価値観が産まれます。

彼らはプロジェクトに最適な人物を探し当て、一緒に動くというのがスタンスです。

 

例えば、カフェをやるならベストなシェフを見つけようということになり、

最適なシェフを見つけてコラボレーションします。

実際カフェでは三ツ星レストランで修業を行ったシェフの手によるメキシコ料理が堪能できます。

そしてそのシェフは新たにKINFOLKのメンバーになるわけです。

 

ということは、

今回のコラボレーションで彼らは数あるバッグブランドの中でmaster-pieceを選らんだ理由、

それはmaster-pieceのブランド背景とグローバルな発信を彼らのアンテナがキャッチし、

“ベストなコラボレーション”として実現したプロジェクトだと言えます。

 

さて、それでは実際にアイテムをご覧頂きたいと思います。

 

 

P1030729

master-piece×KINFOLK (No.55541-K)

color : NAVY

 

 

master-pieceの「SLICK」シリーズをベースに、

KINFOLKのエッセンスが加わった2WAYボストンバッグです。

 

 

P1030727

 

本体素材にはオリジナルファブリック、MASTERTEX-06ナイロンを採用し、

透湿、防水性の機能性とツイルの上品さが加わり、

スポーティーでありながらストリート感のあるルックに仕上がっております。

KINFOLKのネームとオレンジのポイントカラーが目を惹きます。

 

 

P1030730

 

 

通常のボストンバッグとして手持ち使用し、

底部に収納されたショルダーを引きだせば、

バックパックとしてトランスフォーム。

 

 

P1030732

master-piece×KINFOLK (No.55545-K)

color : NAVY

 

こちらはサコッシュです。

簡易的なサコッシュですが、

ここまでデザイン性の溢れるものもなかなか珍しいと思います。

そしてこのサコッシュ、

SLICKの元々持つジョイント機能も活かすことが出来ます。

 

 

P1030735

 

 

P1030736

 

 

接続部分がカラビナとなっている為、

様々な部分に取り付けることが出来ます。

 

 

P1030733

 

 

多文化が日々クロスし合うニューヨークのカルチャーを体現したKINFOLKと、

Made in Japanのmaster-pieceとのケミストリーはいかがでしたでしょうか。

master-pieceも国内に留まらずこうしたグローバルなコラボレーションを今後も実現させていきます。

これからもお楽しみに!

 


 

〒104-0061
東京都中央区銀座2-2-14
マロニエゲート4F
TEL 03-5524-6500

銀座店 Twitter @ MSPC_GINZA
LINE  @ cbv1416b

P1030619

 

こんにちは、MSPC PRODUCT sort GINZAです。

マロニエゲート館内には、夏を感じる笹の葉が展示されています。

いよいよ夏という感じがしてきますね。

 

夏は言うまでもなく暑い。

暑いと人はどうするか、大抵の方は涼みたいでしょう。

長袖が半袖になり、フルレングスのパンツがハーフになり、

足元のスニーカーはサンダルに—–

 

夏のメンズファッションは基本的にそぎ落とされていくことが多いと思います。

つまり、シンプルになる。荷物となるバッグもコンパクトになる傾向があります。

しかし半袖にパンツと最低限の組み合わせに小さいバッグの組み合わせは、

幼く見えてしまったり、ボリューム不足になってしまうことも。

そんな時、どうしたらいいか、それは、

 

“夏に抵抗しよう!”

 

小さいバッグは楽チン。だけど、何かが足りないという方は、

その真逆を取り入れよう。

ボリューム不足には、ボリュームを。

今回は夏でも大人っぽさを引き出せる“大きめバッグ”をご紹介。

 

 

【トート編】

P1030571

master-piece x WONDERFUL NOISE (No.02332-wn)

 

 

 

P1030568

 

2016ssリリース当初、僅かな在庫数に対して多数の反響があり、

店頭にあまり出回ることがなかった幻のコラボレーションバッグ。

大容量と機能性が同居した内外ともにクールな逸品。

 

 

 

P1030569

 

 

骨格がしっかりした本体は、多くの物を入れてもへたりづらく、

ルーズな印象を与えません。それに加え、防水性、キャリーケースの取り付け機能、

パット付きショルダーベルト、PCスリーブ完備と機能面も完璧。

WONDERFUL NOISEのエッセンスとして、レコード50枚収納が出来るスペース、

ヘッドホンを収納できる前面ポケットなど、音好きにもたまらない仕様。

 

 

 

P1030570

 

 

個人的には大きめトートは、玄人感が出てとてもかっこよく見えます。

80~90年代にヨレヨレの使い込んだ大きめトートが、

古着ブーム時等に妙にマッチしていたり、

現在もスタイリストさんのワークバッグだったり。

近年では某大手カンパニーのショッパー騒動がきっかけで、

大きめトートに流行の兆しさえ感じます。

ちなみに、今回のコラボバッグの復刻もごく僅か。

前回買い逃した方は本当にお急ぎください!

 

 

【ショルダー編】

P1030581

直営限定EXCEED (No.222402-CL)

 

 

 

P1030572

 

 

2年前の2015ssにリリースされた「EXCEED」シリーズがアップデートされ、

より機能的になって再登場しました。しかも直営店舗限定。

夏によくボディーバッグやサコッシュを見掛けますが、

メッセンジャーと言ったらショルダー界では大物(大きい)ではないでしょうか。

 

 

 

P1030577

 

 

防水性、軽量、3点留め機能など、申し分ない仕様を施されたこちら、

近年メッセンジャー型が少ない中、貴重な形と言えます。

それがかえって新鮮でもあり、インパクトがあります。

半袖短パンに合わせても十分かっこいいでしょう。

 

 

 

P1030580

 

 

実はこのエクスクルーシブなEXCEEDのアプデ、何を隠そう銀座店のプランなのです。

元々のEXCEEDの二面性をより現代のニーズに合わせて多面化させ、

カジュアルなバッグに上品なマテリアルを加えています。

カラーもお客様を悩ませる2トーン仕様。

6月1日からリリースされておりますが、おかげさまで在庫も残り僅かとなっております。

こちらもお早めに!

 

 

 

【リュック編】

P1030585

Ripe-v2 (No.222105-v2)

 

 

 

P1030584

 

 

もはや説明不要の神々しさ。ザ・キングオブキングス。

リュックにも様々な形が存在しますが、

やはり最大級のインパクトを与えるならバックパック。

Ripe-v2なら全体が防水レザーに包まれた贅沢なバッグです。

 

 

 

P1030609

 

 

“無条件にかっこいいと思ってしまう物”って、きっと説明が出来ない直観的なものだと思います。

メイドインジャパンの技術で作られたこのRipe-v2もそれを感じます。

プライスも正直master-pieceの中では中々のインパクトです。

それでもこれを手にされた方は、プライス以上に手で掴んだ砂が零れ落ちるかのごとく、

かっこいいという衝動が収まり切らないないでしょう。

 

 

夏に大きめバッグが良く映えるとお伝えしましたが、

夏が過ぎ、アウター必須の時期にも非常に相性が良いのがこのサイズのいいところ。

暑いからと大きいバッグを敬遠せず、是非ビッグサイズのボリュームを試してみてください。

固定概念が壊れるくらいかっこいいビッグサイズを揃えてお待ちしております。

 

 

 


〒104-0061
東京都中央区銀座2-2-14
マロニエゲート4F
TEL 03-5524-6500

銀座店 Twitter @ MSPC_GINZA
LINE  @ cbv1416b

 

 

 

 

 

P1030362

 

こんにちは、MSPC PRODUCT sort 銀座マロニエ店です。

皆様、GWはどこかに出かけたり、ゆっくりされましたでしょうか?

毎年有難いことに、GW時期はお出かけ用にバッグ等をご購入しに来て頂けるお客様が多くご来店されます。

 

そんなバッグ日和の続くこれからの時期、

小物も一新してみてはいかがでしょうか?

今シーズンも間違いないフレッシュな小物シリーズが入荷しております。

 

 

P1030365

 

P1030366

VAND (No.223200) COLOR : BLACK, ORANGE, YELLOW, GREEN, BLUE

 

鮮やかで目を惹くカラーには、小さなドットパンチングが施してあり、

ドットの隙間からさり気なくチラッと見える差し色のコンビネーションが特徴のVAND。

 

P1030367

 

ファスナーにはYKK EXCELLAを使用し、滑らかな引き心地。

珍しく本体自体にはブランドロゴを配さず、シンプルなデザインとなっていますが、

引き手やスライダーは職人の手によって一点一点丁寧にメッキが施されており、

贅沢な仕上がりとなっています。

 

 

P1030368

VAND (No.223201)

 

近年ジワジワと人気を博しつつある中財布。

長財布と折り畳みのいいとこどりのサイズ感。

 

 

P1030369

 

内装はすっきりとしたヌメレザーとなっております。

外と中でギャップがあると、開ける度に新鮮で、

長くお使い頂けると思います。

 

 

P1030371

 

 

お札入れのスリーブにも6枚分のカードポケットがチラリ。

本体の外側にもっとも近い場所にある為、

ICカードなどを入れるのがオススメです。

 

 

 

P1030372

VAND (No.223202)

 

こちらはコイン&カードケース。

メインの財布でなかなか色物に手が出せないという方には、

こちらのサイズがオススメです。

 

 

P1030373

 

 

明るいカラーであればバッグやポケットの中に入っていても、

探しやすいですよね。

 

 

P1030374

P1030375

COCO (No.04580, 04581) COLOR : WHITE, RED, YELLOW, BLUE

 

続いて、今年の小物シリーズの中で特に驚きのインパクトだったCOCO。

原色のカラーリングと型押しのレザーはこれまでのmaster-pieceにはなかった印象です。

あえてありがちなブラックやネイビーを排除し、原色のみに拘ったシリーズ。

2種類のポーチはそれぞれマチが異なる為、入れるものによってお選びください。

 

 

P1030376

COCO (No.04582)

 

COCOシリーズのカード&コインケース。

VAND同様、YKK EXCELLA仕様+掴みやすいレザー引き手付きなので、

よくありがちな引っかかるストレスが無く、快適に使用できます。

 

 

P1030377

COCO (No.04583)

 

薄マチのコインケース。カードも何枚か入れることが出来、

手元を軽くしたいこの時期にはピッタリなサイズです。

 

 

P1030382

COCO (No.04584)

 

久々に登場したレザーストラップです。

春夏のファッションのカラーアクセントにはもってこいなお洒落アイテムです。

リリースを待ち望んでいた方も多かったのではないでしょうか。

 

 

P1030383

 

 

COCOシリーズは全てにDカンが付いており、

このレザーストラップは全ての型で取り付けが可能です。

ワントーンにするもよし、マルチカラーの組み合わせにするもよし。

 

 

P1030385

 

 

やり様によってはもちろん別のシリーズに取り付けて楽しめますね。

財布だけではなく、バッグに取り付けるのもアリだと思います。

 

 

P1030378

COCO (No.04585)

 

コンパクトな2WAYタイプのキーホルダー。

金具の部分に鍵を付けたり、バッグに付けたり出来ますが、

丸冠やボタンで外れるレザー部分にも取り付けや引っかけが可能な為、

色々な組み合わせが楽しめます。

 

 

P1030381

 

 

こちらもレザーストラップ同様シリーズに付いているDカンに取り付けられます。

ここにさらにレザーストラップを足すなんてのもお洒落ですね。

 

 

P1030387

 

 

いかがでしたでしょうか。

バッグだけではなく、小物もこんなにフレッシュ100%な新作が入荷しています。

洋服がシンプルになるに連れ、ファッションは小物に拘るのも大切なシーズンになります。

VANDもCOCOも、人前でさりげなく使用すればきっと一目置かれる小物シリーズです。

男女問わずオススメです。是非店頭でこの鮮やかさをご覧下さい。

お待ちしております。

 


〒104-0061
東京都中央区銀座2-2-14
マロニエゲート4F
TEL 03-5524-6500

銀座店 Twitter @ MSPC_GINZA
LINE  @ cbv1416b
マロニエブログ リンク

こんにちは、MSPC PRODUCT sort GINZA店です。

 

2月24日にGINZA店がリニューアルオープンしてから早一ヶ月。

 

 

P1030255

 

マロニエゲートも3館体制へと変わり、自店舗を含め、より活性化している銀座エリア。

この時期は次第に気温も上がって来て外出もし易くなり、何より毎週店頭は新作が届き常にフレッシュです。

本日はその新作の中から“LEFLEX”というシリーズをご紹介致します。

 

 

P1030231

LEFLEX (No.02540) Color : BLACK, CAMEL, KHAKI, NAVY

 

17SSでリリースされる新作の中では数少ないレザーアイテム。

素材的にはビジネスバッグとしてお使い頂くのにももちろん最適ですが、

これが魅力を知って頂くと、普段使いとしてファッションに取り入れるのもかなりクールなシリーズです。

 

 

P1030238

 

まず基本となる素材解説。

本体素材は手触りの良さを生かした柔らかさで、軽量に仕上げたレザーを使用。

ベジタブルタンニンを主として鞣されたエコヌメカウレザーを使用し、

付属レザーにベジタブルタンニンで鞣されたキップレザーに、

角シボの型押しを施したレザーをプラスしたコンビネーション。

仕上げにアイロンで熱を与えることにより含ませたオイルを革全体に行き渡らせ、

最終で角シボの型押しを施すことで落ち着いた雰囲気に。

フロント上部にはシンプルに真鍮のロゴプレートを配し、

メインとなるファスナーは止水ジップを使用しています。

 

 

P1030244

 

D40mmという薄マチながらも折り返すように二層構造になっており、

一層では≪あと少し≫足りなかったもう一枚の容量プラスを実現。

まさに“二枚目”なイケメンバッグです。

 

 

P1030243

 

二層+前後のスリーブだけでもしっかり荷物を収納出来ますが、

この≪中央スペース≫が重要なポジションとなっています。

中にはペンホルダーやポケットが付いており、手持ち部分も隠すことが可能。

 

 

P1030247

 

これからの季節、気温差の激しい春には、

脱いだライトアウターを左右から通して挟む様にホールドしたり、

予定外の買い物だって袋ごとこの中央スペースに放り込みましょう。

 

 

P1030235

 

この中央スペースに手持ち部分を収納出来ましたが、収納していたのはそれだけではなく、

取り外し可能なショルダーベルトも臨機応変にこの部分から出し入れ可能です。

持ち方を変えるだけで雰囲気を変化させられるのもLEFLEXの特徴と言えます。

 

 

P1030246

 

そして隠れたポイントの一つに、ベルトの可動部分などに使用されている樹脂パーツがあります。

軽量化に一役買っているところももちろんですが、レザーといえば、

通常金属パーツなどを使用してグッと大人っぽさを引き出すデザインが多いですよね。

しかし、そういった部分をあえて樹脂パーツにすることにより、レザーという敷居を良い意味で低くし、

見え方も重さもよりライトに、より機能的にすることにも成功しています。

前述したファッションにも取り入れられるクールさというのはこういった隠しポイントが効いているからこそ。

 

 

P1030213

LEFLEX (No.02541) Color: BLACK, CAMEL, KHAKI, NAVY

 

 

P1030214

 

こちらは先程よりも小さいタイプ。

master-pieceでは近年数種類のサコッシュ(薄マチのショルダーバッグ)をリリースしていますが、

そのほとんどがナイロンなどのマテリアルで作られています。

LEFLEXのこのショルダーバッグはまさにそのサコッシュのレザー版的な立ち位置。

しかも、大きいサイズ同様二層構造なので、より多くの容量を入れる事が出来ます。

 

 

P1030226

 

 

P1030229

 

こちらも手持ち部分を出し入れ可能で、ハンドバッグとしても使えます。

少し品のある持ち方が出来ますね。

 

 

P1030230

 

夏場などに喉が渇いて購入した飲み物は、

この中央スペースに入れて持ち運ぶのもオススメ。

 

 

P1030224

 

ショルダーベルトも手持ちも収納してしまえばこの通り、

クラッチバッグとしても使えます。

 

 

P1030254

 

そしてこのLEFLEXというネームは、この裏部分に使用された素材から由来しています。

上部ファスナーと本体下部に反射素材を用い、

夜間の視認性やデザインのワンポイントにもなっています。

レザーの裏部分まで拘っているものって、そんなに多くないのではないでしょうか。

 

 

P1030233

 

 

シンプルな見た目とは裏腹に、数々の機能とファッショナブルさを持ち合わせたLEFLEX。

見た目と機能という意味でも二枚目ですね。

春や夏にラフな服装になる方も、LEFLEXさえあれば大人っぽさ+使い勝手の良さが手に入ります。

使い込めば使い込むほどより使い勝手の良い相棒に成長するでしょう。

まずは取扱い店舗にて、実際に手に取って見て下さい。

リニューアルオープンしたGINZA店でもお待ちしております。

 

 

 


〒104-0061
東京都中央区銀座2-2-14
マロニエゲート4F
TEL 03-5524-6500

銀座店 Twitter @ MSPC_GINZA
LINE  @ cbv1416b
マロニエブログ リンク

ginzarenewal

 

こんにちは、MSPC PRODUCT sort GINZAです。

12月ぶりですね。少し遅いですが、今年も宜しくお願い致します。

既にNEWSで発表されておりますが、GINZA店が2月24日にリニューアルオープンすることになりました。

実はマロニエゲート1の中でもかなり古株なショップのMSPC。

今回のリニューアルはこれまでの雰囲気も残しつつ、リフレッシュした店舗に生まれ変わります。

 

店舗リニューアル期間の2月16日(木)~2月23日(木)は一時的に店舗をクローズ致します。

※20日はマロニエゲート1休館日となります。

 

P1030128

 

引き続きmaster-pieceのバッグはもちろん、

 

P1030133

 

イギリス発のバッグブランド“C6”や、(2月に新作が入荷予定です!)

 

 

P1030135

 

新シリーズ「TRAVEL PACK」がリリースしたばかりの

サンフランシスコ発のバッグ&アクセサリーブランド“AER”、

 

 

P1030130

 

フランス発の“Cote&Ciel”など、ワールドワイドなバッグブランドの取り扱い、

 

P1030136

 

 

P1030137

 

 

P1030139

 

国内外のセレクトブランドが並びます。

2017年も銀座店、そしてMSPCから目の離せない展開が多くありますので、

是非ご期待ください!

 

リニューアルオープンは「2月24日」です。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 


 

〒104-0061
東京都中央区銀座2-2-14
マロニエゲート4F
TEL 03-5524-6500

銀座店 Twitter @ MSPC_GINZA
LINE  @ cbv1416b
マロニエブログ リンク

  • Facebook
  • twitter
  • tumblr
  • instagram
  • Pinterest
  • Vimeo
  • Mail