sort OMOTESANDO

 

こんにちは。
MSPC PRODUCT sort OMOTESANDOの中台です。

 

いい天気ですね〜!
春のにおいがしてきました。
普段はインドアな私ですが、外に出かけたい気持ちになります。

これからの時期にお薦めしたいバッグのご紹介です。

 

IMG_9183

master-piece “Liquid” – 2way tote bag –  ¥15,000+tax-

 

本体素材は透明性に優れたオカモト株式会社製ポリ塩化ビニルを使用しています。
日本が誇る”オカモト”の安心感。。頼りになります。
随所にレザーを使用することで、爽やかな季節感はそのままに、耐久性も考慮した造りに。

 

IMG_9173

 

IMG_9172

CREDIT
CULLNI “Belted Slacks” ¥28,000+tax-

 

IMG_9191

 

IMG_9189

付属のストラップを使えばショルダーバッグとしてもお使い頂けます。

 

IMG_9176

内装のメッシュポケットは取り外し可能で、ストラップを使えばサコッシュに。
そのままポーチとしても使えます。

 

また、こちらもお薦めです。

IMG_9163

 

IMG_9165

 

IMG_9166

master-piece “Liquid” – Shoulder Pouch – ¥6,000+tax-

 

軽装で出かけるのにぴったりなサイズ感。
一気に春夏ムード漂います。
カラー展開も豊富なので、リンクのオンラインストアもご参照ください。
同シリーズ“Liquid”の別タイプも合わせてご覧頂けると幸いです。

 

 

 

 

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO OFFICIAL TWITTER

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO OFFICIAL INSTAGRAM

MSPC OFFICIAL WEBSITE

MSPC ONLINE STORE

 

 

 

皆様のご来店をお待ちしております。

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO 中台

TEL:03-6433-5566

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-16-13 X2区画

 

master-piece “GLOBAL STANDARD”

master-piece “POTENTIAL ver.2″ #1

master-piece “POTENTIAL ver.2″ #2

master-piece “POTENTIAL ver.2″ #3

master-piece “POTENTIAL ver.2″ #4

 

 

こんにちは。
MSPC PRODUCT sort OMOTESANDOの河上です。

 

誇張でもなんでも無く、数年前まで僕はカバンを持つという行為が嫌いで、それまでの人生でまともに背負った事があるカバンはランドセルや学校指定の通学用鞄くらい。

小学校を卒業して以降は「どうすれば自分で荷物を持たずに過ごす事が出来るか。」を考え続けていました。

別に買い物は嫌いでは無かったので、たまにデザインが気に入ったバッグを買う事もあり、その度にバッグという存在に対して歩み寄ってみたのですが。。。

やはり使ってすぐに我慢が出来ずにそのまま部屋に置きっ放し。
無駄な買い物をしたトラウマだけ自分の中に残して「どうすれば自分で荷物を持たずに過ごす事が出来るか。」を再度掘り下げる、という繰り返し。

 

 

その為、仕事を始めても財布と携帯とUSBだけ持ち歩き、買い付けや外回りを行なっていました。

ただ、数年前から常にパソコンを持ち歩かなければいけない様な仕事も出来てしまい、僕の快適な「手ぶら生活」も遂に終わりを迎えることに。

 

 

IMG_8899

IMG_8902

IMG_8903

IMG_9151

 

それ以降、僕の相棒はドイツのブランド:bagjackの”little jack”というメッセンジャー。

ドイツという国への憧憬や、ベルリンのアトリエで一つ一つ手作業で作られている背景。
飾りっ気の無いデザインに対して豊富な拡張性、ストレスの無い使用感など。

 

まだ自分の中で納得出来る部分が多かったのでなんとか持てています。

 

もちろん朝起きて荷物を背負う度に「どうすれば自分で荷物を持たずに過ごせるか。」を考え続けるのは変わりませんし、バッグを持つ必要の無いタイミングでファッションとしてバッグを取り入れる事も絶対にしないのですが、このバッグを持つ様になってから”バッグ”という存在に対する印象が自分の中で少しだけ変化しました。

 

IMG_8907

 

思いの外ハマってしまったので、同ブランドの拡張パックを買ってみたりと色々とやっていました。

 

ただ、現在進行形で「バッグ専業ブランドの直営店で、取り扱いすらないバッグブランドを紹介し始める。」というちょっとした禁忌を犯している気がして若干ドキドキしている為、この話はこれくらいで。

ちなみにbagjackは近隣店舗ですとFANにて取り扱いがあります。

ご興味がある方は是非FANでお話を聞いてみて下さい。

 

FAN

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3丁目22-1 神宮前スクエア102号

TEL +81(0)3-6447-4566

Open to Close 12:00-20:00

 

 

 

 

本日はmaster-piece “POTENTIAL ver.2″シリーズの2way totebagを紹介致します。

 

IMG_8922

master-piece “POTENTIAL ver.2″ – messenger totebag – ¥37,000+tax-

 

IMG_8915

 

今まで紹介してきた通り、POTENTIAL ver.2シリーズの特徴的なマテリアル/各ディテールはそのままに。
メッセンジャーバッグと、トートバッグの2タイプで使用が可能な本モデル。

カラーリングも全7色。
表参道店には現在グリーンとブラックの2色のみですが、来週には他の色も用意しておきます。

 

 

IMG_8925

IMG_8928

IMG_8932

IMG_8941

 

本モデルの最大容量は24L。

メッセンジャーバッグとしてはかなり大きなサイズなので、負荷のかかりやすいストラップ部分は非常に強固な作りになっています。
使用者に出来るだけストレスのかからない様にショルダーストラップはoutlast®︎を採用。

 

 

メッセンジャーバッグは多くのトートバッグやバックパックと違い、肩/背中/腰で荷物の重量を分散する事が可能。
しっかりとストラップを絞りさえすれば身体全体で荷物を背負う様なイメージになるので、普段から荷物が多い方にお勧めです。

また、肩幅が小さい方や、なで肩の方はトートバッグのハンドルやバックパックのショルダーハーネスがズリ落ちてきて何度も背負い直さなければならない、というストレスも感じた事があるはずです。

メッセンジャーバッグであればそういった煩わしさも感じさせないはずです。

 

IMG_8935

IMG_8936

IMG_8940

 

ショルダーストラップ/チェストストラップは取り外しが可能。
本体部に縫い込まれた付属も本体に収納が出来る為、ストラップさえ外せば大容量のトートバッグへと変化するのも本モデルの特徴の一つ。

 

IMG_8944

IMG_8946

IMG_8953

 

Dカン/スナップ/引っ掛けカン3つのパーツを外すと雨蓋が開閉するPOTENTIAL ver.2のディテールはそのまま。
雨蓋を開くとメインの収納へのアクセスが可能。

 

IMG_8959

IMG_8970

IMG_8960

IMG_8968

 

2泊3日くらいの旅行や出張であれば余裕で対応が出来てしまいそうな程の大容量。

クッション付きのパソコンの収納。
細々とした物を収納するスペースなども付属しますが、基本的には仕切りなども無い、中の荷物が分かりやすい仕様になっているのもmaster-pieceのカジュアルなタイプのバッグの使いやすさの理由の一つだと思います。

 

IMG_8972

IMG_8974

雨蓋に付属する止水ジップを開ければメインの収納にアクセスが出来る容易さも兼ね備えた、master-pieceらしいディテールももちろん搭載されています。

 

IMG_8987

IMG_8999

IMG_9006

IMG_9008

 

前述した通り、ストラップを締め上げれば身体全体に沿う様にバッグが変形するのもメッセンジャーバッグの良さの一つ。

バッグパックと違い、ストラップを締め上げた際の洋服への干渉も少ない点もメッセンジャーバッグというカテゴリーに対して僕が好感を感じるポイントでもあります。

 

 

IMG_9016

 

スマートフォンやパスケースなどを簡易的に収納できるポーチも付属します。

 

IMG_9022

IMG_9038

 

カバン自体の着脱が容易になるクイックリリースも搭載。

 

IMG_9054

IMG_9058

 

バッグパックの様に背負い直す必要が無く、中の荷物が取り出しできる点もメッセンジャーバッグの持つ使い勝手の良さを感じられるポイントの一つになるかと思います。

 

IMG_9065

IMG_9077

IMG_9095

IMG_9103

 

また、本モデルの様に3点留めが出来る(ショルダーストラップにチェストストラップが付属する)タイプのメッセンジャーバッグは2通りの背負い方が可能。

ショルダーストラップを肩にかけ、チェストストラップをそのまま胴に回して装着すれば縦に背負うことも出来ます。

僕は想定以上に荷物が重くなった時などはこの様な背負い方にしています。

 

IMG_9107

IMG_9115

IMG_9122

IMG_9136

 

レザーの付属も相まって、トートバッグに変化させると途端に上品な印象になるのもこのモデルの魅力の一つ。

ブラック/ネイビーの様にベーシックなカラーはビジネスに使用が出来る方も多いと思います。

そういった視点でも、このモデルをお選び頂くご参考になれば嬉しいです。

 

 

 

[ POTENTIAL ver.2 series ]

 

IMG_7420

master-piece ” POTENTIAL ver.2 – backpack – ” ¥32,000+tax-

IMG_7656

master-piece ” POTENTIAL LEATHER LIMITED – 2waybackpack – ” ¥72,000+tax-

IMG_8287

master-piece “POTENTIAL ver.2 -2way backpack – ” ¥36,000+tax-

IMG_8584

master-piece “POTENTIAL ver.2 -3way backpack – ” ¥46,000+tax-

IMG_88071-e1553340653711

master-piece “POTENTIAL ver.2 – Waist bag -″ ¥24,000+tax-

IMG_86911-e1553340545291

master-piece “POTENTIAL ver.2 –  Leather Limited Sacoche -″ ¥30,000+tax- 

 

 

 

「機能」のみに縛られる事なく、人それぞれの「スタイル」にも重きを置いたmaster-pieceのコンセプト通りのモデル。

 

実際に使うシーンを想像し、「あったらいいな。」と感じるディテールを自然にデザインに取り入れた、master-pieceの傑作:POTENTIAL ver.2。

 

そのストレスの無い使い勝手は、その名の通り使用者のポテンシャルを更に引き出してくれる様なアイテムとなり得るはずです。

 

 

 

 

 

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO OFFICIAL TWITTER

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO OFFICIAL INSTAGRAM

MSPC OFFICIAL WEBSITE

MSPC ONLINE STORE

 

 

 

皆様のご来店をお待ちしております。

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO 河上

TEL:03-6433-5566

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-16-13 X2区画

master-piece “GLOBAL STANDARD”

master-piece “POTENTIAL ver.2″ #1

master-piece “POTENTIAL ver.2″ #2

master-piece “POTENTIAL ver.2″ #3

 

こんにちは。
MSPC PRODUCT sort OMOTESANDOの中台です。

ここ数日間ご紹介しております”POTENTIAL ver.2″シリーズからショルダーバッグタイプのご紹介です。
素材等の詳細な説明は前回までのブログONLINE SHOPをご覧下さい。

 

まずはこちら。

 

IMG_8890

master-piece “POTENTIAL ver.2 – Sacoche -″ ¥15,000+tax- 

 

ここ最近よく見かける様になったサコッシュタイプ。
サコッシュというのは、一般的には簡素な造りで気軽に使える素材を用いた物を指します。
master-pieceのそれは機能的な素材、都会的で気の利いたディテールが小さいながらも詰まっています。

本当にサコッシュ?と言いたくなる様な仕上がりです。
しかし、毎日でも使いたい利便性の良さと耐久性のある素材、それでいて気軽に持てる軽量感は本来の”サコッシュ”よりさらにデイリーユース向き。

 

IMG_8669

 

IMG_8685

幅広いスタイルに対応出来るデザイン。

 

IMG_8727

IMG_8856

IMG_8724

 

携帯電話や財布等はもちろん、iPadもスッポリなサイズ。
しっかりとマチが付いているので、急に荷物が増えてしまった時などにも、スマートに対応できます。

 

IMG_8729

 

さらに、急に雨が降ってきた時には、背面に収納されているフラップによって中への浸水を防ぐ事ができます。
よく考えられた仕様だな〜、なんてSTAFF河上と感動しちゃいました。
ショルダーストラップは取り外し可能なので、バッグインバッグとしても使える2way仕様。

 

IMG_8894

master-piece “POTENTIAL ver.2 –  Leather Limited Sacoche -″ ¥30,000+tax- 

 

同型のレザータイプもございます。

IMG_8703

 

IMG_8691

 

IMG_8687

 

レザーに防水加工を施し、水・油汚れ等に弱いというレザー特有の扱い辛さを解消。
こちらもデイリーにお使い頂けるサコッシュです。

しなやかで柔らかい表情のレザー。
使い込むほどに風合いを増していくでしょう。

 

ラストはこちら。

IMG_8896

 

IMG_8898

master-piece “POTENTIAL ver.2 – Waist bag -″ ¥24,000+tax-

 

アウトドア感のあるデザインとは裏腹に都会的な機能を搭載。
発色の良いカラーから、シンプルな定番カラーまでご用意。
どこかモダンな印象を感じさせるバランスの良さが魅力のウエストバッグ。

 

IMG_8762

 

IMG_8767

 

IMG_8807

 

IMG_8815

 

IMG_8826

 

IMG_8845

 

都市生活での使用にはもちろん、これからの季節、音楽フェス等のレジャーなシーンでも活躍間違い無しの本格派。
使用者の生活によって変化する目的に応じて、対応出来るはずです。

 

“POTENTIAL ver.2″シリーズ、まだご紹介が続きます。
ご覧頂けると嬉しいです。

 

明日は暖かくなる様です。
お散歩がてら、遊びにいらして下さい。

 

 

 

 

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO OFFICIAL TWITTER

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO OFFICIAL INSTAGRAM

MSPC OFFICIAL WEBSITE

MSPC ONLINE STORE

 

 

皆様のご来店をお待ちしております。

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO 中台

TEL:03-6433-5566

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-16-13 X2区画

 

master-piece “GLOBAL STANDARD”

master-piece “POTENTIAL ver.2″ #1

master-piece “POTENTIAL ver.2″ #2

 

 

こんにちは。
MSPC PRODUCT sort OMOTESANDOの河上です。

本日も引き続き”POTENTIAL ver.2″のバックパックの紹介を。

「まだ書く事あんの。。。」と自分でも思いますし、ご覧になられている方も感じるかと思います。
ですが、掘ろうと思えばとことん掘り尽くせる事こそが、master-pieceのデザイン・ディテール・カラーリング・機能のバリエーションの豊富さの持つ魅力です。

 

IMG_8595
master-piece “POTENTIAL ver.2 -2way backpack – ” ¥36,000+tax-

 

昨日STAFF関から紹介したPOTENTIAL LEATHER LIMITED – 2way backpack -と同様のデザイン。

基本的なディテール・仕様は変わらないので、詳しくは昨日のブログをご覧下さい。

 

オールレザーのタイプと比較すると、カジュアルで軽快な印象を覚える本モデル。
(ブラック/ネイビーといった基本的なカラーはビジネスに用いる方もいらっしゃいます。)

外装には引っ掛け冠、Dカンといったデティールが採用され、スケボーや脱いだコート等を縛りあげて固定する事により、鞄に入りきらない物や、一時的に使わない物を納める事が可能。

 

 

IMG_8598

 

このモデルに用いられる各マテリアルは、先日僕が紹介したバックパックと同様の物を使用。

本体素材はCORDURA® brand fabricの生産、品質基準を満たした認定工場において、210d(デニール:繊維の細さを表しており、数値が低ければ低いほど細く、高ければ高いほど太い繊維を表します)の66ナイロン糸を2本撚りしたものを、2本引き揃え、タテ・ヨコに使用し織り上げた、耐久堅牢度に優れたオリジナルファブリック:MASTERTEX-07™️を採用。

生地の表面には撥水加工を。

裏面には特殊透湿防水フィルムL-Vent®をラミネート加工し、トリコットナイロンを貼り合わせた3レイヤー構造による耐水圧20,000mmレベルの防水機能を備えております。

耐水圧20,000mmレベルというのは、簡単に言うと生地の上に1cm四方の柱を立て、柱の中に水を入れて20,000mm(20m)までの高さに入れた水の水圧に耐えられるということ。

命に関わる様な険しい山登りに耐える様なレインウェアに用いられる規格とほぼ同等の防水機能を持っています。

付属素材もレザーは防水鞣しを施したレザーを使用、底面の素材は1680dナイロンの裏にP.V.C加工を施していますので耐水性を考慮した仕様になります。

 

IMG_8601

IMG_8604

 

表参道店では色が欠けてしまっていますが、全7色の豊富なカラーバリエーション。

ブラック・ネイビーといった基本的なカラーリングから、キャメル・オリーブ・グリーン・イエロー・レッドの様にカジュアルな装いに映える色も。

オンラインストアには全てのカラーが揃っているので、この写真以外のカラーが気になる方は、MSPC ONLINE STOREをご覧下さい。

 

IMG_8611

 

背面だけ見ると全く違うモデルに見える程。

ショルダーハーネスを収納出来、バックパック/ブリーフケースという2通りの使い方の出来るバックパック。

 

IMG_8287

IMG_8316

IMG_8343

IMG_8355

IMG_8359

IMG_8363

IMG_8385

IMG_8399

IMG_8408

IMG_8419

IMG_8421

IMG_8437

アウトドアの匂いを感じるカラーリングですが、使用している生地:MASTERTEX-7™️の光沢のある質感・各ディテールに使用されている付属の雰囲気により、都会にこそ映えるモデルに仕上がっています。

容量は16L。
とりあえずこのモデルを持っていれば、カラーリング次第では日常生活におけるほとんどのシーンは乗り越えられるでしょう。

 

2wayというコンセプト通り、ボストンバッグの様にも、バックパックの様にも使用が可能なモデル。

それは単純に機能性という側面だけでなく、その日のスタイルや気分によって使い方を変化させられるという事。

 

 

 

 

本日はこの流れで、もう一型。

IMG_8616

master-piece “POTENTIAL ver.2 -3way backpack – ” ¥46,000+tax-

 

基本的なデザイン・ディテールは2wayのタイプと変わりません。
もちろん全7色のカラーレンジも変わりません。

ですが、容量が大幅に増えるのが3wayのモデル。

2wayは16L。
3wayは32Lと約2倍の容量があります。

ほぼ「背負えるスーツケース」の様なイメージの本モデル。

バッグとしてはかなり大きい分類ですが、本体生地に使用するのはオリジナルファブリックMASTERTEX-07。

耐久性と軽さを実現し、鞄のみの重さは約1.8kg。パーツは出来るだけプラスチックにし軽量化も図っています。

 

 

 

2wayが二層構造なのに対して、3wayは三層構造。

IMG_8620

 

外出時にすぐに取り出す事が想定される細々とした荷物はフロントポケットへ。

 

IMG_8624

 

マチが少ないコンパクトな収納は、パソコンケースとしても使えそうなディテールが。
周辺機器などもある程度小分けできるジップ付きのポケットが付属します。

 

IMG_8625

 

持ち運びの際に中で荷物が動かない様にマジックテープで口を固定が可能。

 

IMG_8634

 

そして、一番大きな収納はご覧の通りの大容量。

2wayのモデル同様に中の荷物が取り出しやすい仕様です。
成人男性の3〜4泊分の着替えは入るサイズ感。

 

backpack/2way同様にバックパックサイドからのアクセスも可能。
ベルクロ付きのケースも付属するので、使用用途に合わせて使い分けて下さい

 

 

 

2wayのモデルと比較すると、かなりのサイズ差がある事がわかるはず。

 

IMG_8635

IMG_8638

IMG_8641

IMG_8643

IMG_8644

 

3wayのタイプは肩掛けをする為のDカンとショルダーストラップが付属。
32Lフルに使い切った時の重量に対して、少しでも使用者の負担が軽減される様にウェストベルトが付属するのもこのモデルの特徴の一つです。

ショルダーストラップ・ウェストベルト共に使用しない場合や必要とされない方は取り外して下さい。

また、2wayのタイプでは背面のサイドファスナーを左右開けると、キャリーバーに通す事が可能でした。
対して3wayのタイプは、背面のサイドファスナーは片側のみ。

サイドファスナー内部は独立した小さなポケットになっているので、セキュリティが必要なシーンでパスポートや携帯/財布類を入れる収納として使ってみてはいかがでしょうか。

 

IMG_8649

 

POTENTIAL ver.2のbackpack/2way/3wayは腰や背中の身体に当たる部分にOutlastを使用しています。

NASAの為に開発されたOutlast社指定のコーテイング工場でOutlastをコーティングしたパラフィンワックスが入ったマイクロカプセル。
これは体からの余分な熱を吸収し、温度が低くなると蓄積している熱を放出する働きがあるので、 快適な温度(31°C~33°C)を保つ機能を。

バックパックを背負っていると、どうしても気になるのが背面の蒸れ。

そのストレスを出来るだけ軽減する様に採用されたディテールです。

 

IMG_8463

IMG_8482

IMG_8491

IMG_8502

IMG_8531

IMG_8541

IMG_8563

IMG_8572

IMG_8575

IMG_8578

IMG_8584

IMG_8586

 

比較すると大きな印象を覚えると思いますが、個人的には突き抜けたサイズ感のものは洋服にしろなんにしろ、モダンな要素を感じてしまうので、POTENTIAL ver.2のバックパックの中で僕が選ぶならこのサイズ。

 

ちなみに表参道店の店長越本は幼少期からダンスをしていたそう。

今でも趣味でダンスを行なっているのですが、練習に行く際にはかなりの物量を入れて出かける事があるようです。

ダンス用シューズ/汗ダクになった時用の大きなタオル/スピーカー/ダンス用の着替え一式:パーカーとライトアウター、パンツ一本Tシャツ一枚。

上記の荷物を入れる為にはこの3wayモデルくらいの容量が必須だそうです。

 

僕のように視覚的な側面で選ぶ場合や店長越本の様に容量面を考慮して選ぶ場合等、人それぞれに違った選び方があるから、バッグ選びというのは楽しいと感じます。

 

IMG_8653

IMG_8657

 

 

「機能」のみに縛られる事なく、人それぞれの「スタイル」にも重きを置いたmaster-pieceのコンセプト通りのバックパック。

 

明日もまた、違ったアプローチからなる”POTENTIAL ver.2″を紹介致します。

 

 

 

 

 

 

 

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO OFFICIAL TWITTER

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO OFFICIAL INSTAGRAM

MSPC OFFICIAL WEBSITE

MSPC ONLINE STORE

 

 

皆様のご来店をお待ちしております。

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO 河上

TEL:03-6433-5566

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-16-13 X2区画

 

master-piece “GLOBAL STANDARD”

master-piece “POTENTIAL ver.2″ #1

 

 

こんにちは。
MSPC PRODUCT sort OMOTESANDOの関です。

今回私からご提案する商品は先日から表参道スタッフがご紹介しているPOTENTIALシリーズのレザー2wayバックパックです。

なぜこちらの商品をお勧めしたいのか、2つの理由があります。

「印象の良くないビジネスマンはスーツもさることながら、カバンの中が整理されていなくだらしがない。」

少し言い方が悪くなってしまいましたが、その私も整理整頓は大の苦手です。
そんな自分でも今回の商品はその悩みを解消してくれると確信したからであります。

もう一つは私ごとですが個人でテーラーのブランドをしている事もあり、
ビジネスバッグには常に近い環境にいます。

拘り抜いたスーツや洋服にカバンを合わせるのであれば、
まず選ぶ基準として最優先なのはデザインという方も多いはず。

 

そんな大きく分けると2つのわがままを両立してくれているバッグ、
それが”POTENTIAL LEATHER LIMITED” 。

IMG_8002
master-piece ” POTENTIAL LEATHER LIMITED – 2waybackpack – ” ¥72,000+tax-

 

 

IMG_8023

まずはデザイン。

背面以外の全ての面にレザーを使用し、見た目にも高級感漂う仕上がりに。

こちらのシリーズは通常の“POTENTIAL 2way-backpack-“の型の細かいディテールはそのままに外見と機能性が大幅にアップデートされています。

レザーは北米産ステアーを厳選、使用し、クロム鞣しをした後、3M社の防水剤をタイコに入れて革の中まで防水剤を浸透させています。

つまりは革の裏面、側面はもちろん、傷がついたところからも持続的に水・油の侵入を防いでくれるということです。

SCOTCHGARDの試験をクリアした防水・防油・防汚性、使っていくうちに効果が薄れるなんていうこともありません。

デザインのかっこよさの中にしっかりと素材や加工に力を注ぎ込んだ根拠あるモデルとなっています。

 

 

IMG_7656

特殊な防水用のオイルを染み込ませているので、しなやかで柔らかいタッチに。

また、表面もキップのようなキメの細かい肌目になるよう仕上げています。

このレザー感であれば革靴との相性もバッチリな上に、全身でのコーディネートの纏まりが出ます。

 

 

IMG_8027

IMG_7681

時計やアクセサリーに多いシルバーアイテムとの合わせが私のお勧めです。

一見ただシンプルなようですが、このシックなコンビネーションが上品さや賢さを演出してくれるわけです。

 

 

ちなみにですがスーツでネイビー、グレーやブラック以外にも着てみたいけど派手になってしまったり、
似合わないんじゃないかとお悩みの方にはやや濃いめのブラウンのスーツに
ブラックの革物を合わせることをお勧めします。

クラシックな印象になり、落ち着いた雰囲気が出せますし、コーディネートも合わせやすくなります。

IMG_7237
※こちらのバッグは後日ご紹介致します。

 

 

続いては整理整頓と前述しました、収納について。
なぜカバンの中が整っていないビジネスマンが良く見えないのかというと、

・訪問先など大事な場面で物がすぐ取り出せない。
・いっぱい物を入れすぎてしまっているため肝心なものを入れ忘れてしまう。
・汚い中身を見て全体的なやる気がなくなってしまう

などわざわざ言われなくても、、、、、という感じですが

こういった細かいことから「段取りが悪そう」「仕事が雑そう」「無計画そう」と
悪いイメージを与えてしまうものです。

 

IMG_7626

IMG_7622

容量の大きさよりも小分けが肝心になってくるのでは。

正面のファスナーを開けると書類やタブレットをしまえるスペースがあり、
小物を入れられるチャック付きのスペース、ペンポケットも付いています。

正面にはすぐに取り出す必要のあるものを入れておくと取り出しもスムーズに行えるので便利です。

 

 

IMG_7652

もちろんPC専用のスペースも。

こちらは背面に付いているスペースなので、何かしらの衝撃にも耐えられるので安心してPCを収納できます。

一発でPCまでたどり着く為、煩わしさの無いノンストレスな仕様。

 

 

IMG_7617

メインを開くとメッシュ素材でさらに2段に分けられたポケットが。

中に何を入れたか一目でわかるようになっていますので何回もファスナーを開閉して中身を確認する手間も省けます。

 

 

IMG_7613

もちろんメインのスペースになりますので、かさばる物などお荷物が多い時にはこちらへ。

180度ファスナーが開くようになっていますので、短期間の出張など洋服を出し入れすることも簡単にできます。

最近ではお仕事帰りにジムに行って鍛えられる方も多いので約16Lあるこちらのバッグはそんなシーンにもぴったりです。

こちらにも小物類を収納したい場合にはバッグインバッグで分けることでスマートに扱えます。

 

 

 

これだけの収納力と機能性、デザインが備わっていれば お仕事もプライベートも捗るのではないか、
すなわち周りからも好感を持ってもらえるのではないかと思いご案内してまいりました。

ちょうど先日も閉店後に表参道スタッフとも”人からどう見られているか”

なんてことをお酒の肴に話していました。

正直、人からの目ばかりを気にしていてもしょうがないとは思いますが、

それもまた一つのモチベーションとなるのではないでしょうか。

 

 

最後におまけで、プラスアルファで拘るには”遊び”も必要だと私は思います。

POTENTIALのデザインには引っ掛け冠という金具が付属しています。

計9色の展開がございますので、お好みの色やワンポイントとして色を加えることで、
さらに自分好みの遊びの効いた、拘りあるバッグになります。

IMG_7808

IMG_8034
master-piece “EQUIPMENT – 引っ掛け冠 – ” ¥700+tax-

色の選び方でお困りであれば、先日当ブログで名古屋TGM店からご紹介した「Changing the wallet」を是非ご覧ください。

色の意味で選ぶのも面白いはずです。

 

 

 

 

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO OFFICIAL TWITTER

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO OFFICIAL INSTAGRAM

MSPC OFFICIAL WEBSITE

MSPC ONLINE STORE

 

 

皆様のご来店をお待ちしております。

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO 関

TEL:03-6433-5566

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-16-13 X2区画

 

 

 

master-piece “GLOBAL STANDARD”

 

 

こんにちは。
MSPC PRODUCT sort OMOTESANDOの河上です。

master-pieceというのはユニークなブランドで、バッグのコンセプトごとにモデル名が分かれ、それを軸に枝分かれする様にバックパック/トートバック/ウェストバッグ/ワンショルダー等の様に区分けされています。

何を言っているかわからないと思うので、それについては後ほど画像を踏まえてわかりやすく説明させて下さい。

 

本日はmaster-pieceの定番的モデル:POTENTIAL ver.2というカテゴリーのバックパックの紹介を行います。

IMG_7311
master-piece ” POTENTIAL ver.2 – backpack – ” ¥32,000+tax-

 

MSPC各店にご来店頂いた際に「カバン並びすぎて何選べばいいかわかんねえなあ。」と、いう風になったらとりあえずこれを選んでおけば間違い無いと思います。

master-pieceならではのアイディアとディテールが詰まった機能性溢れるアイテム。

 

IMG_7313

IMG_7328

IMG_7327

 

Dカン/スナップ/引っ掛けカン3つのパーツをテープで繋ぎ止めているのがPOTENTIAL ver.2の代表的なディテール。
パッと見で似た様なモデルが並んでいたとしても、このディテールがついている物が「POTENTIAL ver.2」です。

ワンタッチで開閉が可能なスナップボタン。
フック式でテープを着脱する引っ掛けカン。

いずれを使用しても開閉が出来ますが、個人的には着脱のストレスの少ないスナップボタンを使用する事をオススメします。

 

IMG_7315

IMG_7318

 

本体素材はCORDURA® brand fabricの生産、品質基準を満たした認定工場において、210d(デニール:繊維の細さを表しており、数値が低ければ低いほど細く、高ければ高いほど太い繊維を表します)の66ナイロン糸を2本撚りしたものを、2本引き揃え、タテ・ヨコに使用し織り上げた、耐久堅牢度に優れたオリジナルファブリック:MASTERTEX-07™️を採用。

生地の表面には撥水加工を。

裏面には特殊透湿防水フィルムL-Vent®をラミネート加工し、トリコットナイロンを貼り合わせた3レイヤー構造による耐水圧20,000mmレベルの防水機能を備えております。

耐水圧20,000mmレベルというのは、簡単に言うと生地の上に1cm四方の柱を立て、柱の中に水を入れて20,000mm(20m)までの高さに入れた水の水圧に耐えられるということ。

命に関わる様な険しい山登りに耐える様なレインウェアに用いられる規格とほぼ同等の防水機能を持っています。

付属素材もレザーは防水鞣しを施したレザーを使用、底面の素材は1680dナイロンの裏にP.V.C加工を施していますので耐水性を考慮した仕様になります。

 

ちなみにPOTENTIAL ver.2はその名の通り過去にリリースされたPOTENTIALの後継モデル。

シリーズのデザインポイントであるバックルはそのままに、デザインはよりシャープに、素材や収納の機能面をアップデートしています。

 

IMG_7321

ショルダーハーネスのクッションの中にはNASAのために開発された温度調節素材アウトラスト®を使用し、メッシュ素材も従来使用していたものよりも目の細かい、肌触りのいいものを採用。

 

IMG_7320

master-pieceの雨蓋のあるバックパックに共通するディテールの一つとして、直接内部の収納にアクセス出来る大口のポケット口。

 

IMG_7324

チェストストラップはスナップで取り外しが可能。
また、ショルダーハーネスに付属するモールでチェストストラップの高さが調整可能。

IMG_7326

ショルダーハーネスのサイズ調整を行うストラップも、スムーズにワンアクションで調整が可能。
余ったストラップは普段使用する上で邪魔になる事が非常に多いのですが、それも付属のパーツで収納が可能な、使用者にストレスの少ないディテールが多いバックパック。

 

IMG_7331

IMG_7344

 

POTENTIAL ver.2 backpackの容量は16L。

荷物を入れるメインのアクセスはドローコードで縛り上げる仕様です。

万が一想定以上の荷物になった場合でも、ドローコードで口さえ閉じる事が出来れば、後は雨蓋さえ閉じれば問題なく使用が出来るかと。

 

IMG_7347

IMG_7350

IMG_7354

更にPOTENTIAL ver.2の特徴の一つとして、豊富なカラーバリエーションが挙げられます。

色の選択次第で通勤・通学から行楽・普段使いまで幅広いシーンに対応するのがPOTENTIAL ver.2。

それぞれのカラーリングに合わせてレザーパーツ・ジップテープ・引っ掛けカンなどの色も選ばれています。

 

IMG_7367

ちなみに引っ掛けカンはお好みに合わせてカスタムが可能。

男心くすぐるパーツですが、僕は面倒なのでカスタムしないと思います。

こう言った提案はSTAFF関が得意なので、後日彼から紹介させて下さい。

 

IMG_7420

IMG_7428

身長182cmのSTAFF関に持ってもらいました。
普段使いからちょっとしたアウトドアまで対応が可能な容量を持つPOTENTIAL ver.2ですが、背負ってみるとバックパックにありがちな大げさな印象は与えず、シャープな見た目に。

IMG_7433

IMG_7439

IMG_7443

外にいる際に一番使用頻度が高いであろうフロントポケットは、バックパックを背負いながらアクセスしやすい様に、本体に対して縦にジップが付いています。

また、僕は忘れ物をしやすいので、家を出てから5分後に「あれ、あの資料ちゃんと入れてるかな。。。」と確認する事が多いので、メインの収納に容易にアクセス出来る大口のジップポケットはとても助かるディテール。

 

IMG_7452

 

あると嬉しいトップポケットも付属。
背負いながら使用する場合は、先ほどのフロントポケットと比較するとアクセスがしづらいはず。。
個人的にはこのポケットは、出先でたまに必要になる様なパソコンの周辺機器を入れる用途で使おうかな、と思います。

 

IMG_7460

IMG_7473

IMG_7483

IMG_7485

IMG_7491

IMG_7495

IMG_7501

家を出る前にその日に必要な荷物を入れる場合は、ドローコード付きのメインポケットから。

IMG_7533

IMG_7534

出先で中の荷物を取り出す場合はサイドの大口のジップポケットから。

また、内部にはノートパソコンや書類を入れる簡単な収納も。
メインポケットからも、サイドの大口のジップポケットからもアクセスが容易な仕様。
また、ある程度重量のあるパソコンがバックパック内部で遊ばない様に収納自体をベルクロで固定が出来る様になっているのも、使用者の事を想った細かな気遣いを感じるディテールの一つ。

 

IMG_7556

IMG_7559

IMG_7566

 

前述した通り、チェストストラップはスナップで取り外し/ショルダーハーネスに付属するモールで高さの調整が可能です。

絞ると肩に重量がかからず、背中全体で荷物を背負える様になるので普段荷物が多い方には必須なディテールですが、そこまで荷物が多くない方には邪魔なディテールだと思うので、必要無いようであれば外してしまうのも良いかと思います。

 

IMG_7574

IMG_7579

ショルダーハーネスのストラップが遊ばないだけで、普段使いとしてのストレスは非常に軽減されます。

 

 

 

 

また、最初に書いた通り、一言で「POTENTIAL ver.2」と言ってもそこから枝分かれする型が多いのもこのモデルの特徴の一つ。

 

IMG_7373

IMG_7381
(前から)
master-piece ” POTENTIAL ver.2 [ waist-bag ] ” ¥24,000+tax-
master-piece ” POTENTIAL ver.2 [ messenger tote bag ] ” ¥37,000+tax-
master-piece ” POTENTIAL ver.2 [ 2way backpack ] ” ¥36,000+tax-
master-piece ” POTENTIAL ver.2 [ 3way backpack ] ” ¥46,000+tax-  

 

バックパック・ウェストバッグ・メッセンジャーバッグ・2way バックパック・3way バックパック・サコッシュの計6型。
しかもそれぞれに7色のカラーバリエーションが存在し、それにプラスしてオールレザーも存在するモデル:POTENTIAL ver.2。

 

 

IMG_7382

IMG_7391

IMG_7396
master-piece × NEMEN backpack ¥62,000+TAX-

 

また、イタリアの高機能アウターブランド:NEMENとの別注アイテムであるこのバックパックも、POTENTIAL ver.2がベース。

 

 

POTENTIAL ver.2という大元のコンセプトをベースに、それぞれ違った容量・アプローチで作られているので、明日以降引き続き紹介を続けていきます。

 

 

IMG_7815

 

実際に使うシーンを想像し、「あったらいいな。」と感じるディテールを自然にデザインに取り入れた、master-pieceの傑作:POTENTIAL ver.2。

そのストレスの無い使い勝手は、その名の通り使用者のポテンシャルを更に引き出してくれる様なアイテムとなり得るはずです。

 

 

 

 

 

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO OFFICIAL TWITTER

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO OFFICIAL INSTAGRAM

MSPC OFFICIAL WEBSITE

MSPC ONLINE STORE

 

 

 

皆様のご来店をお待ちしております。

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO 河上

TEL:03-6433-5566

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-16-13 X2区画

 

こんにちは。
MSPC PRODUCT sort OMOTESANDOの河上です。

 

先月の末頃より表参道店の店頭に立っています。
約7年間ほどセレクトショップにて働いていたのですが、独立しこの夏に自分でお店を開業する予定です。

MSPCとはとあるご縁で繋がり、自分のお店をオープンするまでの半年間お手伝いする事に。

master-pieceの製品は以前から知ってはいたものの。
実際に店頭に立つまではどのようなブランドで、どのようなものづくりをしているのかも知りませんでした。

 

 

IMG_6998

IMG_7004

 

早速ですが、3月2日にmaster-piece 25th MODELとして、”Archives”というリミテッドコレクションがリリースされたのをご存知でしょうか。

 

 

2003AWにリリースされたショルダーポーチ:“Leather Over”
2007S/Sのメッセンジャーバッグ:“EDGE”
2008A/Wのウェストポーチ:“Surface Leather ver.”
2010S/Sのバックパック:“CORD”
2011A/Wのトートバッグ:“TRACK”の計5型。

 

過去の人気モデルをベースにセレクト。
それぞれに本体生地に世界で初めてCORDURA®︎ fabric×KONBU®︎-Nの生地を採用しアップデートさせたコレクション。

 

いずれのモデルも、以前からmaster-pieceの製品をご愛用頂いているお客様が手に取り「とても懐かしく、元ネタが実家に眠っているはずです。」と、楽しそうにお話しされる様子が印象的でした。

現段階では僕よりも当然お客様の方が商品に詳しいので、各モデルについてたくさんのお客様から詳しく教わってしまっている状況です。

 

それに加え、勤務初日から今日に至るまで。
店頭にいらっしゃる「(例えば)5年程使用して磨耗してしまったけど、この鞄は使いやすいから直しに出したいんだけど。」というお客様の多さにびっくりしています。

 

 

 

何もわからないところからスタートしている自分にとって、master-pieceについて最初にわかった事。

それは、そういったお客様が付く様なモノづくりを行なってきたブランドだからこそ、25年間という長い期間ブランドを続ける事が出来たんだな、という事でした。

 

 

IMG_7006

 

master- pieceは、メンズのバックがまだファッションとして確立されていなかった1994 年にスタート。

以後メンズカジュアルバッグをファッションのジャンルのひとつとして考え、時代のニーズと自分たちのアイデンティティを持って数々のシリーズをリリースしてきました。

 

IMG_7070

IMG_7103

IMG_7125

 

店頭でふと商品を手に取る際に、ジップやキーホルダーをはじめとする付属に「MSPC」の刻印があることに。

一部のバックパックに「MASTERTEX」の記載があるタグが付属するのに気付くはずです。

これは一つ一つの製品のオリジナリティを高めるのはもちろんですが、その製品に適した付属/生地を用いている、という事。

特に自社の製品の為にMASTERTEX-05™️〜07™️といったオリジナルファブリックを開発するのは、バッグ専業メーカーとしての非常に高い熱量を感じます。

 

IMG_7168

 

このブランドの一貫した”MADE IN JAPAN”という哲学の裏側に隠されているのは、ただの海外のお客様に対するプロモーションでも、日本製至上主義でもなんでもありません。

「日本に住む人が、同じ日本に住む人々に向けて日々の生活が向上するものを目指してものづくりを行なっている」というある種の証明だと思います。

 

IMG_7112

 

master-pieceの製品を企画する方は日本に住み、皆さんとそれほど変わらない生活を送っています。

日々、master-pieceの製品に対して「どうすれば持ち主が使用する上で、より利便性が上がるディテールを生み出す事が出来るか、持ち主それぞれの必要とするシーンに見合ったデザイン、そして生活を共にする上で、持ち主の毎日の気分/生活を向上させる様なきっかけを作れるか。」という事を常に探りながら。

 

同様に、企画してデザインされたアイディアを、実際に「モノ」として作り上げる日本の工場で働く職人の方もまた、日本に住み、皆さんとそれほど変わらない生活を送っています。

日々、master-pieceの製品に対して「どうすれば持ち主が使用する上で、企画側が意図するデザインを無理なく製品として仕上げられるか。長い期間、破損のストレス無く細かなところまで気を使いながら製品を作り上げられるかどうか。目の前の製品のクオリティをコスト内でどれだけ良いものに仕上げられるかどうか。」という事を常に探りながら。

 

master-pieceは企画/生産のその姿勢を突き詰める為、日本の生産背景向上の為に自社工場である”BASE”を大阪と兵庫県に設立させてしまうほど。

その極めて真面目なものづくりと、”GLOBAL STANDARD”であろうと目指す姿勢が、結果的に海外の方に受け入れられるのは納得が出来るでしょう。

 

数多くの方々のアイディアと想いが込められ、生産されて店頭に並ぶmaster-pieceのプロダクト。

だからこそ、僕たち現場に立つ人間はその製品の一つ一つのデザインの意味、ディテールの意図、生地の持つ特性を理解する必要があります。

そして、それを的確にお客様の使用用途・生活スタイルに合わせて提案するのが僕達の役割であると感じるのです。

 

 

 

IMG_7024

IMG_7025

IMG_7042

 

さて、そんなmaster-pieceの製品ですが、本当に数多くのモデルが店頭には並んでいます。

基本的に手ぶらで出かける事が好きな僕にとっては、いざバッグが必要になって買うタイミングになった場合。
「こんなにいっぱいあったら、どれが自分にとって良いのか全然わかんねえなあ。」と、思ってしまうほど。

ただ、実際に気に入ったデザインの物、必要な容量の物を手にとって背負ってみると、どのモデルも実際に使用して生活しているシーンが想像できる様な使いやすさを感じます。

 

 

IMG_7037

IMG_7038

 

また、MSPCは国内外のバッグブランドのディストリビューションを行う側面もある会社。
C6やAERをはじめとする、master-pieceとはまた違った切り口や提案を行なっているブランドの取り扱いも。

先ほども書いた通り、カバンにあまり興味の無い僕にとっては「ただでさえmaster-pieceのバッグの型数が多いんだから、これでアプローチも違うブランドが目に入るといよいよわけがわからなくなるなあ。」と、お客様の立場だったら思ってしまいそうになります。

 

ただ、こういったmaster-pieceブランドでは出来ないアプローチや、海外の自由な発想が詰まったプロダクトは素直に取り入れる、という柔軟さからは「単純にお客様に良いバッグを紹介したい」と、いう姿勢を感じるのです。

 

 

IMG_7162

 

 

加えて、「sort」という屋号を持つお店は、バッグに加えてウェア・シューズなども提案しています。

お客様がバッグを選ぶ際に、より使用するシーンを想像しやすい様に。
バッグ専業企業であるMSPCが見つけ出し、買い付けし、提案を行うウェアの数々。

 

 

 

IMG_7176

IMG_7257

 

と、わかった様な事を書き連ねていますが、無理やり頭に叩き込んでいるだけで商品の事はまだまだ勉強中です。

 

 

二十数年間バッグに全く興味が無く、意地でも手ぶらで過ごし通した僕でしたが、数年前にようやく自分の生活用途に合ったバッグに出会うことが出来ました。

普段の生活において、荷物を持ち運びする以外の価値観をもたらしてくれるのがバッグというカテゴリー。

 

IMG_7084

 

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDOでは、当ブログを通してmaster-pieceの製品を定番的モデルから改めて紹介し直して行きます。

僕の様にmaster-pieceに詳しく無い方が少しでも興味を持っていただける様に。
ブランドを永くご愛用いただいている方が、改めて気付ける様な何かをお送りできれば嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO OFFICIAL TWITTER

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO OFFICIAL INSTAGRAM

MSPC OFFICIAL WEBSITE

MSPC ONLINE STORE

 

 

 

皆様のご来店をお待ちしております。

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO 河上

TEL:03-6433-5566

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-16-13 X2区画

 

こんにちは。表参道店です。

2018年も残すところ約2週間となり、

あちこちで「平成最後の~」というワードが飛び交っているここ数ヶ月。。。

 

街にはイルミネーションが溢れ、既に早めのクリスマスプレゼントを渡した方もいるのではないでしょうか。

また、独り身の方には風がより一層冷たく感じる時期でもあります。。。。

 

しかし、クリスマス本番には後もう少し時間があるので、

 

まだ悩んでいるという方は是非MSPC公式ブログの数々を参考にして決めてみてください。

店頭にてGIFT用のラッピングも行っているので、気兼ねなく店頭スタッフにお申し付け下さい。

 

IMG_5572

 

今回はGIFTシーズンに登場した直営限定アイテムをまとめてご紹介いたします。

 

IMG_5531

 

[直営限定EVER]

デニムver.をご存知の方もいらっしゃると思いますが、

そのEVERシリーズがチェック柄を纏い限定ver.として登場です。

リュックのほかにもショルダーバッグ、サコッシュと、

インディゴグレンチェック柄をご用意しております。

 

IMG_5542

[直営限定KINCHAKU]

お次はアフリカ産ムートンを使用した巾着型レザーポーチ。

オリジナルはレザーなのですが、打って変わってムートンを使用し、

可愛らしくもありながら上品さもある仕上がりとなりました。

写真の2トーンの他にも、ホワイト1色、ブラック1色のカラー展開もございます。

 

IMG_5547

[直営限定COVER]

最後にこちら。

昨年に登場したCOVERシリーズのサコッシュをチェッカーフラッグ柄にした、

機能面もさることながら、よりファッションアイテムとして昇華させた限定アイテム。

 

IMG_5558

驚くべきはカラー展開。

なんと10色。1つ1つ着画など丁寧にお見せしたいところですが、

それは是非店頭にて実物を見て、手に取り、自分に合う色、

大事な人に持ってもらいたい色などお探しください。

 

駆け足でオススメをPICKUPしてご紹介しましたが、

もちろん載せきれないアイテムたちも山ほどございます。。。

大事な方と一緒にご来店するのもよし、

お一人の方は是非ともスタッフの方にご相談頂ければと思います。

平成最後のクリスマスを幸せにお過ごし下さい!

ご来店心よりお待ちしております。

 

 

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-16-13 X2区画

Tel;+81(0)3-6433-5566

Twitter

@MSPC_OMOTESANDO

instagram

@mspc_product_sort_omotesando

LINE

@gic68130

 


9/28に発売となった今シーズンの目玉アイテム、

 

12 14 11

【master-piece×MASAHO ANOTANI】コラボレーションバッグ。

 

新進気鋭の美術家・安野谷昌穂氏のコラージュ、ドローイング、スプレー等、様々な技法が駆使して製作されたアートをフルタンニンで鞣されたキップレザー(生後6ヶ月から2年程度までの牛革) をベースにインクジェットプリンターでプリントしたコラボレーションシリーズ。プリントした後、染色釜で空打ちすることにより、フルタンニンキップの持つ独特のシボ感が出るとともにインクが馴染み風合いが増します。またフルタンニンのため、使用することでツヤが増すだけでなく、色が馴染んでより革らしい風合いが出てきます。本体生地にはmaster-piece オリジナル・リサイクルナイロンを使用しています。ヨコ糸に漁網をリサイクルして作られた世界初の長繊維リサイクルナイロンregenの840d、タテ糸には強力糸66ナイロンの500dを使用した環境に優しく丈夫なmaster-piece オリジナル・リサイクルナイロンです。

 

今までのmaster-pieceとはまた違った新しいシリーズ。

サイズ感も抜群に良く、コーディネートにも使いやすい一品。

 

15

 

リリースに伴い、表参道店では美術家・安野谷さんがお店のウインドウ(2面)にをするイベントが開催されました。

 

テーマは【日常と独創】

安野谷さんいわくフリーペイントは自身初との事。

とても良い時間と空間になりました。

 

 

IMG_4202

IMG_4208IMG_4216

 

master-pieceの世界観を膨らまし、自身のワールド、テーマをリンクさせています。

 

 

IMG_4235IMG_4225

IMG_4197

IMG_4188

 

下書きなしの一発勝負。

僕らスタッフもどんなのが完成するのかワクワクしながら見入ってしまいました。

 

1時間…

 

IMG_4238

 

 

2時間…

 

IMG_4330

 

だんだん完成に近くなってきて、終わってしまうのももったいないと思ってしまうほど…

 

IMG_4333

 

最後にサインを入れてもらい…

 

IMG_4336

 

完成。

 

単純に素敵な作品。

 

勿論ですが、まだ残っていて、更にノベルティで配布していた缶バッチもまだ多少ありますので、

是非お立ち寄り下さい。

 

 


MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前五丁目16番13号X2区画
Tel 03-6433-5566
Open to Close 平日12:00-20:00 / 祝日11:00-20:00

Twitter
@MSPC_OMOTESANDO

Instagram
@MSPC_PRODUCT_sort_OMOTESANDO

LINE

@gic68130

IMG_7715今期もあります。

好評のFDMTLとのコラボレーションシリーズ。

今回のモデルはお馴染みの【SLICK】

バックパック、ショルダー、ボディバッグと種類も豊富になっています。

 

 

 

IMG_9001 IMG_8131 IMG_8040

インディゴ染めした糸を用いて織られた様々な生地をパッチワークで配置し、使い込むことでインディゴならではの色落ちやアタリ感の経年変化も楽しむことが出来ます。

 

 

IMG_7722

 

今回もFDMTLの良さ、Master-Pieceの良さが見事に融合したこれぞコラボレーションといった逸品。

限定発売の為、数に限りがあります。

ので、チェックはお早めをオススメします。

 

 

IMG_8201 IMG_8307

FDMTL秋冬商品も立ち上がり、多数入荷していますので、

そちらも是非、チェックしてみてください。

 

 


MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前五丁目16番13号X2区画
Tel 03-6433-5566
Open to Close 平日12:00-20:00 / 祝日11:00-20:00

Twitter
@MSPC_OMOTESANDO

Instagram
@MSPC_PRODUCT_sort_OMOTESANDO

LINE

@gic68130

 

  • Facebook
  • twitter
  • tumblr
  • instagram
  • Pinterest
  • Vimeo
  • Mail