FROM PRESS

晴れた日は晴れを愛し、雨の日は雨を愛す。

こんにちは、master-pieceの福井です。
今日から6月ですが、今年もきましたね、梅雨。
今年は例年より3週間ほど早い梅雨入りだそうで、びっくりされた方も多いのではないでしょうか。
私も例に漏れず心の準備が出来ていませんでした。
もちろん自然の恵みなので無闇に嫌がるのは無粋ですが、湿気による髪の大暴れや、洗濯物の心配など、やはり個人的には問題山積みの季節です。
そんな憂鬱な気分の中、梅雨について少し調べていたところ、かの作家、吉川英治氏による雨に纏わる名言がグッときたのでご紹介します。

“晴れた日は晴れを愛し、雨の日は雨を愛す。”

シンプルですがハッとしますよね。
よくよく思い返せば子供の頃なんて雨が降ってもお構いなしに走り回って、友達とビショビショになりながら、それがおかしくて大笑いして。
大人になって荷物や衣類が濡れる事が煩わしくなり、そもそも風邪をひいてしまったら大変だし、さすがに雨の中を無防備に走り回ることは中々しづらくはなりましたが、そんな中でも雨を楽しむ方法は沢山あります。
個人的な話ですが長年愛用しているビーンブーツなんかは池や川にもガンガン入っていけるぐらい防水性が高く、雨の日の足下を気にせず歩けます。雨の日にしかできないファッション。これも雨の楽しみ方の一つですね。

前置きが長くなりましたが、我々master-pieceからも、昨今の突発的な雨に対する解決策を提案しております。バッグ自体の防水性を高める事はもちろん、今シーズンお披露目させていただいたmaster-piece WEARの「PACKERS OVER COAT」なんかはもう最高に雨を楽しめるアイテムになっております。

さらに今日は、本日発売となった雨対策アイテムをご紹介させていただきます。

「umbrella」
そう、折りたたみ傘です。
ただし、只の折りたたみ傘と侮る事なかれ。master-pieceのらしさが存分に反映されたアイテムとなっております。

傘袋から取り出したものがこちら。
BLACK、OLIVE、NAVYの3カラーとなっております。
収納時のサイズは約30cm、重さは約250gとコンパクトで持ち運びに困らないサイズ感。開閉には安全式自動開閉(シャフトとじ込み時に途中で止まる仕様)を採用しています。

本体素材にはバッグでお馴染みのCORDURA®brand fabric基準を満たしたナイロンを使用しています。撥水加工を施したこちらの生地、CORDURA®ということで強度は申し分ありません。

背負ったバックパックなどを雨から守れるよう、開いた状態で直径105cmといった大型のサイズとなっております。さらに、裏側にはこのアイテムの最大の特徴が隠されています。

裏面にはアンベル社の遮光フィルム “HEAT BLOCK” をボンディングしています。なんとこのHEAT BLOCK、耐水度10,000mm以上、さらに遮光率、UV遮蔽率ともに99.9%以上、遮熱率40%、ジャングルテスト35日実施済の高耐久性を誇っています。

すごい数値が並びましたが、噛み砕いて言うと最強スペックな日傘としても使用できる折りたたみ傘です。

このスペックだけでもお腹いっぱい気味なのですが、ここからが今回最もmaster-pieceらしいアイテムだなと思った特徴のご紹介です。上の写真の裏面右下をご覧ください。
生地の切り替えのように見えるこちら、実はこれポケットなんです。一体何用のポケットなの?と思われた方、こちらをご覧ください。

なんと、傘袋を収納できるのです。折りたたみ傘には必ずついてくる傘袋、傘をさしている間に無くしてしまったりどこに収納したか分からなくなってしまい困った経験のある方も多いかと思いますが、傘をさす時にこのポケットに入れてしまえば万事解決です。

日々収納の事を考えているmaster-pieceらしいアイデアです。

ちなみにこちらの傘袋、収納時には付属のバックルでバックパックのストラップなどに取り付けることも可能です。

以上が、master-pieceが提案する雨を楽しむアイテムの一つです。
本日よりONLINE STORE、明日より全国直営店にて販売スタートですので、お近くにお立ち寄りの際はぜひご覧くださいませ。