Partner with leather

: update:18.10.18

 

こんにちは。

 

MSPC PRODUCT 名古屋TGM店です。

 

「秋の風が頬をうった。」 

そんな小説の冒頭の一文を身に染みて感じる季節になりました。

 

夏服から秋服、冬服へと変化していくこれからの季節。

服だけではなく、バッグも新しくチェンジしてみませんか?

 

今回は18-19AWのワクワクする新作の中から【Bic】を紹介します。

 


 

Bic

IMG_3051

 

 IMG_3061

 

イタリアのマストロット社のエンボスシュリンクレザーを本体生地に使用したこちらのシリーズ。

発色の良い鮮やかなカラーで染色されたレザーとフロントの金具がポイントになっています。

コンパクトなサイズ感でモードな印象を持っていますが、

カラー展開も豊富で軽いのでユニセックスでお使い頂けます。

 


 

No.02890

 

 IMG_3032

 

両手が自由に使えて重い荷物も楽に持ち運べるリュック。

素材をレザーにすることで大人っぽいスタイリングを楽しんで頂けます。

ショルダーベルトのクッション性も高いので、重い荷物を入れても肩への負担が少なくなっています。

 

 IMG_2983 

 

少し縦長の大き過ぎないサイズ感が女性にも合わせやすく、

カジュアルなアイテムとのスタイリングではグッと大人の雰囲気を上げてくれます。

 


 

No.02891

 

 IMG_3038

 

少しくたっとしたフォルムが様々なスタイリングに合わせやすいトートバッグ。


大きく開いた口は荷物の出し入れもしやすく、小ぶりながらしっかりと荷物も収納出来ます。


体にぴったりとフィットする作りになっており、非常に持ちやすいです。

 

IMG_2981

 

ハンドル部分も幅広の設計になっているので肩にかけてもズレにくく、

女性の方や荷物の多い方でも安心して肩にかける事が出来ます。

 


 

No.02892

 

 IMG_3009

IMG_3011

 

ちょっとしたお出かけにピッタリな使い勝手の良いショルダーバッグ。

財布や携帯など必要な物をサッと入れて持ち運ぶのにピッタリのサイズです。

 


 

No.02893

 

IMG_3018

 

「もっとコンパクトにスマートにしたい。」という方にはよりコンパクトなサイズもラインナップしております。

流行りのミニウォレットやスマホ等を入れて、身軽に街を散策するのもいいですね。

 

IMG_2989

 

カラーアイテムが苦手な方でも、小ぶりなアイテムならばワンポイントとしてトライしやすいのでオススメです。

 


 

いかがでしたでしょうか。

服だけではなく、バッグも変えてみるとまたスタイリングの雰囲気も変わります。

お店には他にも魅力的なアイテムが揃っていますので、是非遊びに来てください。

 

スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ち致しております。

 

——————————————————————————————————

MSPC PRODUCT 名古屋タカシマヤゲートタワーモール店

Twitter @mspc_tgm

OPEN to CLOSE:10:00-21:00

〒450-6604

愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3 タカシマヤゲートタワーモール4F

TEL:052-756-2323

[ssba]

Tact_0

皆様、こんばんは永田です。

この時期は11月に行うお取り扱い店様、プレス関係者様向けの展示会の準備でかなりバタバタしているのですが、ちょうど各工場に企画書やサンプルの修正を出し終わり、ほんの一瞬ある合間に先日リリースした “Tact” シリーズの紹介です。
所謂「ダレスバッグ」と呼ばれるバッグをmaster-pieceらしく、よりカジュアルにして普段使いできるようにアレンジしたシリーズです。

まずは特徴的な口枠式の開口部と錠前です。

Tact_1
口枠は金属製なんですが全てレザーを巻き込んでします。ハンドルはシングル仕様で、持つ時にハンドルをまとめる必要がないのでさっと掴むことができ、バッグを置いた時も前後に倒れないので見た目もスッキリしています。

Tact_2
錠前は両端を押さえることでワンタッチで開閉でき、付属の鍵で施錠できるのでセキュリティ的にも安心です。ただしバッグごと持って行かれないようご注意を・・・

Tact_3
大きめに設定した口枠で簡単に底までアクセスが可能です。背胴側にはラップトップポケットを装備。ラップトップを持ち運ばないよ!という方は書類や雑誌なんかを入れてください。内装生地は共通でキャメルで中に入れたモノが見えやすくなっています。

Tact_4
前胴側はメッシュポケットがついており、細々したモノを収納するのに便利かと思います。

Tact_5
口枠は端まで全てレザーでカバーリング、支点下の構造上どうしても開いてしまう開口部分にもレザーを配し、閉めた時にレザー部分が芯になるだけでなく、生地の端部分の処理としてもかなりスマートにできたかと。誰にも説明していないので当然、誰からも聞くことがない部分なので、あえて言わせていただきますとココが一番こだわったの部分。

Tact_6

この口枠式のバッグですが構造上、錠前を押しながらつまみを掴んで開閉しないと開けることができないので、頻繁にモノの出し入れするのが少しばかり苦手です。そこで大型のフロントのマグネットポケットと、その中にもペンやスマートフォン等を収納できるポケットがついています。マチがついているので、見た目よりもかなり収納力があるので、出し入れが頻繁なモノはこちらに入れることで改善しています。ちなみにフロントとサイドポケットの内装生地のみ、ボディカラーによってカラーを変えています。ブラックには「ブラック」、オリーブには「チョコ」、ネイビーには「キャメル」、レザー色と近似色にしました。

Tact_7
両サイドにもポケットがあり、水筒やペットボトル等のボトル系やメモ帳なんかが最適です。また背胴にはセキュリティ的にも少し安心なファスナーポケットがついているので、財布やパスポートなどの貴重品を入れてください。ちなみにここのファスナーの引き手(もちろんオリジナル)ですが、オートマチックと言われる引き手を引っ張らないと、スライダーが開閉できない構造になっており、勝手に開くことがありません。

Tact_9
リュックだけの特徴になりますが、型バンド(ショルダーパット?)を背胴につけたベルトに通すことで簡易的に収納することができ、ビジネスで使用する際に型バンドがブラブラせずスッキリ。また出張や旅行する際に使用するキャリーバッグのバーに通すことで簡易的に固定も可能です。

Tact_8
前から見たらこんなにスッキリ。タテ型のブリーフとしてもいい感じじゃないかと。

Tact_10
もちろん簡単に型バンドは脱着可能なので、必要に応じて使い分けしてください。

Tact_11
思い出しました!! 最近になりますが、「ハシゴコキ」と言われるこのベルトを調節するパーツを金型からオリジナルで製作しました。もちろんMASTER-PIECEロゴの刻印入りです。今後、徐々にお目にかかるかと思いますので、ぜひチェックしてください。

Tact_12
あと人によって別れる底鋲の有無ですが、本シリーズはビジネス用途も考慮して取り付けています。

ディテールの説明だけですとかなりビジネスによった商品かと思われるかと。もともと私が思うダレスバッグって医者や弁護士、お金持ちのオジ様のアイテムでした。調べるとレザーを使ったモノが主流で、めちゃくちゃ重い! 作る側の職人さんも昔はよく作ったと言われてましたが、今は作るところも減ってきていると聞きました。口枠式のバッグの広い開口部や自立性能、昨今のビジカジ兼用バッグの流行で市場的にまだカジュアルなダレスが少ないと考え企画しました。せっかくなので、リュックで普段使いできて軽くて水に強い(本体生地裏面にPVCコーティング加工)ウチっぽいダレスバッグ、ぜひカジュアルバッグとして使っていただけたら・・・ もちろんビジネスや男女兼用もオススメです。マザーズリュックなんかにも。

ブリーフは、ぜひビジネスにもお使いください。あなたの会社の重役が使っているダレスバッグに比べ、めちゃくちゃ軽い(見た目にも?)こと請け合いです。重役の方は車通勤も多いので、重さは関係ないかもしれませんが・・・

まだ入荷していませんが、ボストンバッグは少し小ぶりなサイズとなっています。短めの旅行や出張、または車での旅行に最適です。個人的な意見ですが、ガバッと開いたまま自立するので、オートキャンプの際に、テントに持ち込むバッグとして使うと便利で少し幸せな気持ちになれます。※個人差があります。ご了承ください。

 Tact(タクト)
No.04020(ボストン)11月中旬入荷予定
No.04021(リュック)販売中(オリーブカラーのみ10月下旬入荷予定)
No.04022(ブリーフ)販売中
※直営店、お取扱店様で一部販売しています。オンラインストアに入荷次第、上記リンクが有効になります。

 

少し長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございます。

永田

[ssba]

DEUS POP UP STORE

: update:18.10.15

こんにちは。

MSPC PRODUCT湘南テラスモール店です。

 

空2

 

10月に入り一層秋が深まり季節を感じられるようになってきました。

年間を通しこの時期は1番空気が澄んでおり空が高く見えるのも秋の特徴です。

秋といえば食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋・・・

秋を表現するのは十人十色・・・

短い秋を楽しんでいただくために

MSPC湘南店からはファッションの秋をお届けしたいと思います。

 

DEUS1

 

1012~1028日の期間MSPCではDEUSのポップアップストアを開催しており、

DEUSの商品ご購入いただいた方にステッカーや缶バッジをプレゼントしております。

 

DEUSサイネ

 

今回はそんなDEUSの新作のアイテムをいくつか紹介したいと思います。

DEUS2

まずはこちらのスウェット、これからの季節にピッタリなワインレッドで上品な印象になります。

 

ミリタリー

DEUSのモッズコート、英国空軍パイロットの耐水服にも用いられるVENTILEコットンを使用しております。水に強いので突然の雨にも対応できます。

 

コーデュロイ

季節感のあるコーデュロイ生地のキャップ。色味も独特なターコイズブルーでコーディネイトのアクセントになります。

 

ここでは紹介しきれないほど湘南店にはDEUSの商品がたくさん並んでおりますのでぜひMSPCまでお越しくださいませ。

コーチ

 

 

MSPC PRODUCT Terrace Mall SHONAN

OPEN to CLOSE 10:00~21:00

〒251-0041

神奈川県藤沢市辻堂神台1-3-1 2F 232-2区画

℡:0466-52-6625

Twitter : @MspcShonan

 

[ssba]

皆さんこんにちは。

 

連日の台風や雨の影響で、やっとここ名古屋でも気温が下がり始めました。

なので今回は名古屋パルコ店より、シンプルなデザインと機能性に特化した【02DERIV.】18AW(AUTUMN&WINTER)モデルをご紹介致します。

1

02DERIV.:徹底的な立体裁断による曲線のカッティングと大胆なまでの直線的カッティング。
常に最新の素材を追及しながらも伝統的な意匠を見つめなおす視点
現代において必要とされる新しいディティールを開発するのと同時に本当にいいクラシックなディティールを分析する
飽きることがないバランスの取れたデザインやシルエット。水洗いが出来るなどイージーケアに配慮し、軽量や快適性でつい毎日手にとって着たくなる信頼性の高い物づくりを追及しています。

 

 

13

No.829013A
“BULIT-IN SLEEVE PULLOVER”
color : BLACK,GRAY

口まで覆う事のできるハイネックのプルオーバータイプ。

ハイネック部分の後ろにはスピンドル(絞り紐)も付いており、防寒時の調節にも。

 

 

3

No.829012A
“BULIT-IN SLEEVE HOODY”
color : BLACK,GRAY

フード内にフリース製のネックウォーマーを搭載したジップアップフーディー。

本体素材には02DERIVE.が開発した伸縮性のあるジャージ組織に防風性を持たせた機能素材の『WINDBREAK』fabricを使用。薄手ながら、高い防風性と透湿性を兼ね備えております。

冬のデイリー使いはもちろん、ファスナー側部に反射板が搭載されている為、自転車・バイク通勤の方にもオススメです。

 

 

5

胸ポケットに『Aerogel mobile divide』と呼ばれる断熱性・衝撃吸収性をもたせたモバイル用ポケットを採用しており、気温の低下でモバイルのバッテリー性能などの低下を防ぐ機能を搭載。

 

 

11

着用鞄は、注染と呼ばれる特殊技術を施した”LIGHTNING-Dye”シリーズです。

シンプルなデザインのお洋服と合わせる事で、他にない独特の色合いがコーディネートをより際立たせます。

 

4

No.326115A
“POLYGON COAT”
color : BLACK,BEIGE,NAVY

 

本体素材はテフロン加工したストレッチ性の表生地を使用。

マットな質感でありながら、耐久撥水・撥油・防汚機能を持たせた高機能生地です。

中綿素材には『PRIMALOFT®︎のCross Core Technology』高い断熱性を持ち半透明の外見から「凍った煙」「個体の煙」などと呼ばれるエアロジェルをプリマロフト繊維に練りこんだ最高スペックの中綿を採用。

裏地には抗菌のCLEANSE
生地が分厚すぎず軽量で、非常に防寒性が高い1着。

モードライクな印象ながら、ジャケットの上からでも着用可能なビジネスシーンにも。

 

2

先日紹介されたダレスバッグ”Tact”で冬のコーディネートを。

 

飽きることのないデザイン且つ、機能性に優れた”02DERIV.”。

MSPCは、鞄のみならず、アパレルでも機能性に特化した商品もご用意しております。

 

鞄にこだわりのある方にこそ是非、”02DERIV.”で機能性素材を取り入れたお洋服をを試していただき、

今年の冬を快適に過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

是非、店頭でお試し下さい。

ご来店お待ちしております。

 

MSPC PRODUCT sort NAGOYA

〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-29-1 名古屋パルコ西館5F

Tel 052-252-2206

営業時間  10:00-21:00

Twitter:@MSPC_NAGOYA

PARCO BLOG:https://nagoya.parco.jp/shop/detail/?cd=002456

[ssba]

9/28に発売となった今シーズンの目玉アイテム、

 

12 14 11

【master-piece×MASAHO ANOTANI】コラボレーションバッグ。

 

新進気鋭の美術家・安野谷昌穂氏のコラージュ、ドローイング、スプレー等、様々な技法が駆使して製作されたアートをフルタンニンで鞣されたキップレザー(生後6ヶ月から2年程度までの牛革) をベースにインクジェットプリンターでプリントしたコラボレーションシリーズ。プリントした後、染色釜で空打ちすることにより、フルタンニンキップの持つ独特のシボ感が出るとともにインクが馴染み風合いが増します。またフルタンニンのため、使用することでツヤが増すだけでなく、色が馴染んでより革らしい風合いが出てきます。本体生地にはmaster-piece オリジナル・リサイクルナイロンを使用しています。ヨコ糸に漁網をリサイクルして作られた世界初の長繊維リサイクルナイロンregenの840d、タテ糸には強力糸66ナイロンの500dを使用した環境に優しく丈夫なmaster-piece オリジナル・リサイクルナイロンです。

 

今までのmaster-pieceとはまた違った新しいシリーズ。

サイズ感も抜群に良く、コーディネートにも使いやすい一品。

 

15

 

リリースに伴い、表参道店では美術家・安野谷さんがお店のウインドウ(2面)にをするイベントが開催されました。

 

テーマは【日常と独創】

安野谷さんいわくフリーペイントは自身初との事。

とても良い時間と空間になりました。

 

 

IMG_4202

IMG_4208IMG_4216

 

master-pieceの世界観を膨らまし、自身のワールド、テーマをリンクさせています。

 

 

IMG_4235IMG_4225

IMG_4197

IMG_4188

 

下書きなしの一発勝負。

僕らスタッフもどんなのが完成するのかワクワクしながら見入ってしまいました。

 

1時間…

 

IMG_4238

 

 

2時間…

 

IMG_4330

 

だんだん完成に近くなってきて、終わってしまうのももったいないと思ってしまうほど…

 

IMG_4333

 

最後にサインを入れてもらい…

 

IMG_4336

 

完成。

 

単純に素敵な作品。

 

勿論ですが、まだ残っていて、更にノベルティで配布していた缶バッチもまだ多少ありますので、

是非お立ち寄り下さい。

 

 


MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前五丁目16番13号X2区画
Tel 03-6433-5566
Open to Close 平日12:00-20:00 / 祝日11:00-20:00

Twitter
@MSPC_OMOTESANDO

Instagram
@MSPC_PRODUCT_sort_OMOTESANDO

LINE

@gic68130

[ssba]

こんにちは。MSPCルクア店です。

 

台風も過ぎ去り気温もぐっと下がったため、季節も夏から秋に移り変わろうとしてますね。

 

IMG_4881

 

ルクア大阪ではただいま時空の広場にてフラワーアートミュージアムが開催されております。今年で7回目のこの展示。秋の季節を代表するお花などで彩られた花畑が時空の広場に広がっております。

お買い物に来られた際には、ぜひご覧になられてみてはいかがでしょうか。

 

そんな夏から秋へ季節が移ろう時期にぴったりの商品をご案内いたします。

【nowartt×master piece】

 

IMG_4882

 

毎シーズン好評いただいておりますnowarttとmaster pieceのコラボモデル。

 

知らない方もいらっしゃるかと思うので、改めてnowarttのご説明をさせていただきます。

【nowartt】

ヘリテイジ×モダンアートを取り入れたテキスタイルグラフィックブランド。

時代を問わず今を感じさせるアート『now art textile』、平和を感じさせるアート『no war textile』、

この2つのコンセプトを融合しテキスタイルグラフィックを創造している。

 

IMG_4884

 

今シーズンはデジタルカモのようなnowarttオリジナルピースカモフラージュを、

master pieceで人気の【LINK】シリーズに落とし込まれております。

 

IMG_4883

 

このカモフラは手書きでデザインされているため、通常のデジタルカモとは違い、

輪郭がぼやけており、やわらかい印象を感じられる一品になっております。

 

IMG_4885

 

またよく見ていただくとこのカモフラの中に動物が隠れています。

 

IMG_4886

 

よろしければ店頭にて何の動物たちが隠れているか探してみてください。

 

秋になりファッションがより一層楽しめる季節がやってまいりました。

アクセントとして【nowartt×master piece】をいかがでしょうか。

 

MSPC PRODUCT LUCUA OSAKA

〒530-8271

大阪市北区梅田3-1-3 ルクア大阪7F

TEL 06-6151-1340

営業時間10:00~21:00

[ssba]

こんにちは!

 

今回はGINZA SIX店より新作のご紹介です。

 

2018-09-13 16 52 28

 

【Tact】

No.04022 Col.Black

 

開口部が口枠式で大きく開き、側面が山形のフォルムをした比較的容量も大きい”ダレスバッグ”と呼ばれる形です。

 

1951年、当時のアメリカ国務長官を務めたジョン・フォスター・ダレス氏が来日した際に使用していたことから

 

日本では”ダレスバッグ”と広く呼ばれるようになっているカバンです。

 

2018-09-13 16 43 23

 

 

デザイン上の特性を活かし、書類を多く持ち運ぶ職業の方に愛用者が多いと言います。

 

また、従来の”ダレスバッグ”は素材にもこだわり、

 

重厚感のある上質なレザー用いられているものが多いというのも事実です。

 

 

カバンの形はお気に召しても、「重々しすぎて実際のところはなかなか手が伸びない」

 

そんな皆さんに今回ご紹介させていただきたいのがこちらの【Tact】です。

 

2018-09-13 16 53 23

 

クラシックな雰囲気の”ダレスバッグ”を、カバンのベースに

 

軽量かつ高強度な撥水性のあるポリエステル素材を用いることで

 

より現代に見合った機能性を持たせることを可能にしています。

 

 

さらに、オンオフの兼用やユニセックスでご使用いただける点も

 

非常に大きなポイントです。

 

2018-09-13 16 44 24

 

 

今シーズンの新作の中でもGINZA SIX店一押しの【Tact】を

 

是非一度、店頭にてご覧ください!

 

 

MSPC PRODUCT SELECTED GINZA SIX

〒104-0061

東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 5F

Tel:03-6263-9922

Instagram:@mspc_ginzasix

 

 

 

[ssba]

 

こんにちは!

阿倍野店です!

 

本日は今じわじわ人気を集めている”コンパクトウォレット”をご紹介。

コンパクトなサイズで携帯性に優れジャケットやパンツなどのポケットに収まりやすく、必要最低限入れていただける収納力が人気のポイント。

当店でもセカンドウォレットとしてお探しの方増えて来ております。

もちろん使い勝手も良く、コイン、お札、カードもしっかり収納して頂けるところもポイントになっております。

 

image1

【DEATER】

N0:525099-s

 

 

image2

【VAND】

No:223202

 

ラウンドジップタイプ。

内装が3層に分かれておりコイン、お札、カードと分けて収納が可能。

 

image2

 

カードケース単体でも使用可能なので使い幅も広くご使用して頂けます。

 

image3

【Brass】

No:525122

 

 

image4

【Folder】

N0:223224

 

3つ折りタイプ。

内装でカード、お札収納を仕切り、またコイン収納を外付けすることで折りたたんでも膨らみにくく見た目的にもスッキリさせています。

 

image3

image4

 

コインが多く、カード、お札をしっかり分けて使いたい方にオススメ。

手の収まり方も良い感じです。

 

image1

【Folder】

No:223226

 

最後はこちら。

スーツの内ポケットなどにも収納して頂ける薄マチ、フロントにカード収納、内装でコイン、お札を収納して頂けます。

 

image1

 

フロント、バッグ共にフリースペースも付いており収納もご自由にお使い頂けます。

 

店頭で手になじみやすいコンパクトなお財布探されてみてはいかがでしょうか?

 

MSPC PRODUCT sort ABENO

〒545-0052

大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-30

HOOP 3F

Tel:06-6622-3400

[ssba]

POTENTIAL-v2

: update:18.09.24

こんにちは。
今回は、活気ある夏祭りを終え少し秋の気配を感じ始めた晩夏の熊本から、ご紹介いたします。

今年の夏は、日本各地で大雨や台風、大きな地震などがありました。
その大きな被害のニュースに、2年半前に地震を経験した熊本の私達も心を痛め、1日も早い復興をお祈りするばかりです。

そんな熊本では、地震以来、毎年9月初旬に青森ねぶた運行団体の有志の協力により『復興ねぶた祭り』が開催されています。

 

FullSizeR3

 

鮮やかで壮大なねぶたの勇壮な迫力に、復興の活力をいただいています。

日々の暮らしの中にメリハリや活力を持たせてくれるイベントに出かける時に、master-pieceの鞄の中でも、永く愛されているデザインの【POTENTIAL-v2】シリーズがオススメです。
昨年、さらに美しく丈夫なファブリックを使用して、使いやすい新たなサイズを加えてリニューアルし、様々なシーンで活躍してくれています。

 

FullSizeR

 

旅行や出張などに、大容量の3WAY。オリジナルファブリックのMASTERTEX-07®を使用することで、大きくても軽い使用感を実現。

 

1FullSizeR

 

耐久堅牢度に優れ、特殊透湿防水フィルムをラミネートし高い防水機能性を誇るMASTERTEX-07®と、防水鞣しを施したレザーとの組み合わせがスタイリッシュなデザインの特徴になっています。

 

2FullSizeR

 

アウトドアシーンや、普段使いに定番のリュックです。背面とショルダー部分に、NASA認定の温度調節素材Outlast®が採用されていますので、オールシーズンでお使いいただけます。

 

FullSizeR7

 

ビジネスシーンに人気のスクエア型の2WAYリュック。ON/OFF両用で活躍してくれます。

 

3FullSizeR

 

容量がしっかりほしい場面には、ウエストバックが良いでしょう。ポケットが豊富で収納力に優れています。

 

4FullSizeR

5FullSizeR

 

夏にはフェスで活躍してくれたサコッシュモデル。コーディネートアイテムとしても人気のサコッシュは、秋の行楽シーズン到来に、一つと言わず持っておきたい鞄です。

 

6FullSizeR

お好きなカラーのアクセサリーパーツで、オリジナリティーが出せるのも【POTENTIAL-v2】シリーズの魅力です。

MSPC PRODUCTには、皆様の毎日に活力や癒しを感じさせてくれる素敵な鞄や革小物たちがたくさんあります。
お客様と鞄たちの出会いをお手伝いできたら幸いです。ご来店をお待ちしております。

 

 

MSPC PRODUCT COCOSA KUMAMOTO

〒860-0807 熊本市中央区下通1-3-8 COCOSA熊本 1F

TEL 096-276-6860

営業時間 AM11:00~PM20:00

[ssba]

0

皆様、こんばんは永田です。

本日は、先日リリースした “ROOM” シリーズの紹介です。
と言っても前回、E-ma店のスタッフが商品について書いてくれているので今回はまた違った角度で”ROOM” シリーズをご紹介します。

まずWHOLEGARMENT®(ホールガーメント®)とは何ぞや?という方もいらっしゃると思いますので、簡単に説明させていただきます。
ホールガーメントとは「無縫製」という意味で、縫い目ができない編み方のことです。通常は前身頃、後身頃、袖などパーツ別に作った生地を縫い合わせて一着の服を作りますが、ホールガーメント®は専用の機械で一着の服を編み上げます。縫い目がないためゴワつきがなく、伸縮性にも優れているため着心地が良いことが特徴となっています。

ここで勘のいい方は「バッグに関係ないやん。」と思われるかと。実際に僕もそうでした。
ホールガーメント®は知っていましたし、実際にニットも着ていた時期もあります。
確かに着心地のいいニットです。普通はこれで満足と言いますか、それをどうのこうのと色々なことを考える人たちがいるのです・・・

15
加工前のホールガーメント®ニット(NO.02930

小松精錬株式会社(以下、小松精練)の方たちです。
小松精練の独自の製品染め加工(染料役者)と特殊加工技術KONBU®によって、ホールガーメ ント®で編まれたニットを強制的に縮ませて(本当にビックリするくらいの縮み様です。)、バッグに使える程の硬さやコシを持たせてしまったのです。これまで 世界に無かった新しい風合いと表面感(凹凸感)を持つ素材の開発に成功し、ホールガーメ ント®の多彩な編み加工技術と小松精練の改質加工技術及び染色技術の融合で創り上げた、小松精練にしかできないモノが出来上がりました。

それが、WHOLEGARMENT® × KONBU® です。

6

K1
小松精練本社にあるファブリック・ラボラトリー [ fa-bo (ファーボ) ]

K2
fa-bo屋上から見た小松精練の工場

K3
fa-bo屋上から見た日本海

今から約2年程前に初めて見せていただき、どのように作って、どうやって売っていくか、どう展開していくかを時間を掛けて話し合いました。実際、ウチの縫製工場 “BASE大阪” にも足を運んでいただいて実際にその場で試作したり、私たちも東京ドーム6個分もの敷地の小松精練本社(石川県小松市)に伺い作業工程やスタッフの方に様々なお話を聞かせていただきました。

K4
SHIMA SEIKIのホールガーメント横編機

K5
特殊加工前(右)と加工後(左)の本体

所謂、ニットの3Dプリンターと言われるWHOLEGARMENT®の編み機で編まれた袋をどのようにmaster-pieceの商品として企画するか、WHOLEGARMENT® × KONBU®がもつ可能性をどのように表現するか、自分なりに考えました。考えれば考える程、やれるコト、やったことがないコトだらけの WHOLEGARMENT® × KONBU® ですが、まずはmaster-pieceとしてバッグの機能性と WHOLEGARMENT® × KONBU® が持つ素材感やファッション性を併せ持つバッグをコンセプトに2wayのトートとショルダーバッグを企画しました。

7

8

ニットのカールする特性をバッグの口部分やショルダーベルトに採用することで今までのバッグにはないニュアンスのデザインが出来上がり、また編み地を途中、スエード調に見える天竺から鹿の子にすることで切り替えのデザインになるだけでなく、よりしっかりした底になりました。

9

10

くり抜いた部分にハトメを取り付けテープを通し、中空鋲で固定したハンドル(テープ)は2パーツで構成しており、フロントのマグネットバックル(ドイツ Fidlock)の脱着で、アウター等を止めることができるようになっています。

11

さらに内装には、420d コーデュラ®ナイロンに3レイヤー加工をした透湿防水のmaster-pieceオリジナルファブリック “MASTERTEX-05″ を使用した脱着可能なバッグインバッグが付いています。

12

このバッグインバッグにはファスナーが付いているので、プライバシー性やセキュリティ性も向上しています。このファスナーもYKKから今年発売されたばかりの「ビスロンタフ」で、樹脂にグラス繊維を混ぜ込みことで強度を出しながら、金属ファスナーより軽量なだけでなく、使用感も軽く使いやすくなっています。

13

内装生地には、オリジナルカモを使用し、さらにオリジナル性を高めています。

14

ショルダーバッグとして持つ時には、ハンドルを内側に倒すことでスッキリとした印象になります。

色々と説明してきましたが、一番の特徴は本体の素材感やこれまでにないニュアンスだと思います。
ただ欠点もありまして・・・ それは決して安くはないコストです。これは製造過程や工程によるモノで、本体の袋を編むのに約一時間ほど掛かっています。単純計算になりますが、一台の機械で24時間稼働させたとしても約24枚しかできません。この編み上がったモノを製品染め、特殊加工を施して完全に乾ききったところで検品をします。やはり製品染めだけに仕上がりに個体差があり、もちろんある程度の許容範囲は持たせていますが、それでも中々コントロールするのは難しく、実際今回についても何度も作り直しています。さらに出来上がったモノを自社工場の “BASE大阪”に送り、ひとつひとつ手作業で型紙を置いて穴あけ、ハトメ等のパーツを取り付けていきます。これは本体のサイズやカールに誤差があり、職人が目で見て調整していきます。パーツが少ない分、簡単なように見えて実は時間と手間が掛かっています。

1
目で見てひとつひとつ型紙を置いていきます。

2
マーキングしていきます。

3
穴を開けハトメを取り付けているところ。

5

今後の課題はやはりこの辺りをどこまでスムーズにできるようにデザインだけでなく、作り方など様々なことを考えていきます。まだ始まったばかりの WHOLEGARMENT® × KONBU®、最先端とアナログが同居するこのシリーズ。私たちのチャレンジと現時点の試行錯誤が垣間見れる商品になっています。2型3色展開でMSPC PRODUCT各直営店全国のお取扱店様オンラインストアで販売中です。できればモノがモノだけでに店頭で手にとっていただけると幸いです。

ROOM master-piece 2018-19AW from master-piece MSPC PRODUCT JAPAN on Vimeo.
ムービーも製作したのでぜひチェックしてください。

最後に話はそれますが、私は洋服に関わらず、ヴィンテージと呼ばれるモノが好きです。10代20代前半は持ってるお金をほぼデニムやフライトジャケット等、20代後半は釣具にも使っていました・・・ 実物でなくても普遍的と思われている当時のデザインのモノや素材に惹かれます。ただそれは当時、最先端の技術やアイデアで作られたモノだと思っていて、長い間使われることで修正やアップデートを繰り返し、少しずつ変わっていきます。わかりやすく言うと、今でこそローテクと言われる60/40クロスやコンバースのオールスター、コールマンのガソリンランタンなんかも発売当時は画期的なモノであったはずです。ないモノを形にする作業、継続していく努力、モノが溢れたこの時代に必要だと思われるだけでなく、今回のWHOLEGARMENT® × KONBU®を使った “ROOM”シリーズのような主観になりますが、面白いと思えるモノを作っていけたらと考えています。

少し長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございます。

永田

[ssba]
  • Facebook
  • twitter
  • tumblr
  • instagram
  • Pinterest
  • Vimeo
  • Mail