master-piece “STREAM”

: update:19.03.29

 

 

master-piece “GLOBAL STANDARD”

master-piece “POTENTIAL ver.2″

 

 

こんにちは。
MSPC PRODUCT sort OMOTESANDOの河上です。

先週紹介したPOTENTIAL ver.2はmaster-pieceのカジュアルなモデルの代表作の一つ。
今日から紹介を始めるSTREAMはmaster-pieceのビジネスモデルの代表作の一つ。

 

 

オン/オフのメリハリをしっかりとつけられるビジネスバッグ。

そこにもmaster-pieceの哲学がしっかりと詰め込まれた内容になっています。

 

s_DSC00928

master-piece “STREAM SERIES”

 

s_DSC00648

s_DSC00659

 

モデル:STREAMも、POTENTIAL ver.2同様に何型も種類があります。

 

表参道店で現在用意しているのは、
バックパック/ブリーフケースと兼用できる2wayタイプが1型。
バックパック/ブリーフケース/ショルダーと兼用できる3wayタイプが2型。
トートバッグタイプが1型。

カラーは現在BLACK/NAVYの2色展開。

 

s_DSC00689

s_DSC00693

 

本体素材はCORDURA_brand fabric基準を満たしたタテ・ヨコ420dの66ナイロン糸(ブライト糸)を高密に打込むことで、摩擦・引き裂き・すり切れ等に対する強度を備え、特殊透湿防水フィルムL-Vent_をラミネート加工し、トリコットナイロンを貼り合わせた3レイヤー構造のオリジナルファブリック:MASTERTEX-05ナイロン™️。

通常の420dクラスの生地に比べ、20%程打ち込み本数が多く打ち込んでいるため強度が増してます。

66ナイロンのブライト糸を使用している為深みのある光沢が。

付属の革は北米産の良質ステアレザー。
鞣しの段階で「3M」社製の防水剤をドラムに入れ、革の中まで浸透させています。

その後、染色、オイルを含ませて下地を作ります。

仕上げの段階にも 同社製の防水剤をスプレーする事で防水性を高めています。

「SCOTCHGARD_」のモニタリング試験に合格した防水・防 油・防汚の革です。試験は表面を削っても行われるので、効果が薄れることはありません。

 

レザーの表情と、MASTERTEX-05ナイロン™️のコンビネーション。
二つの素材を結びつける様な止水テープの質感。

異素材と異素材を組み合わせた、master-pieceらしいビジネスバッグ。

 

s_DSC00897
(左から)
master-piece “STREAM – 3way Briefcase – ” ¥40,000+TAX-
master-piece “STREAM – 2way Bag – ” ¥39,000+TAX-

s_DSC00901

s_DSC00915

 

パッと見はフロントのデザインの仕様が違うだけに見える2way Bagと3way Briefcase。

両方とも鞄としての構造は1層の為、使用感は似た様な物になるかと思いますが、
2way Bagの最大容量が約13Lに対し、3wayのタイプは最大容量18L。

もちろん通常のビジネス用途であれば13Lでことは足りるのですが、
出張が多い方、普段から持ち歩く書類や資料が多い方は容量が大きい18Lの3wayモデルをお買い求めになる方が多い印象です。

 

s_DSC00871
(左から)
master-piece “STREAM – 3way Briefcase 2層 – ” ¥43,000+TAX-
master-piece “STREAM – 2way Bag – ” ¥39,000+TAX-

s_DSC00886

 

こちらもパッと見はフロントポケットの仕様が違うだけに見える2way Bagと、3way Briefcase(2層)。

2way Bagの最大容量が前述した通り約13Lに対し、3way Briefcaseの最大容量は約14L。

正直1Lくらいの容量の差であれば普段使っている際にそこまで大きな差は感じないと思いますが、メインの収納が1層構造のタイプと2層のタイプでは使用感は大きく異なるはず。

社内用の資料しか持ち歩かない方や、そこまで書類が多くない方、書類の分別が得意な方は1層でも事足りると思います。
ただ、一日に何件も取引先を周り、その取引先ごとに提出する資料が違う方や、社内用と社外用に完全に資料を分ける必要がある方などは2層のタイプをお薦めいたします。

 

 

また、出先でショルダーハーネスの使用が憚られる方等にも3wayのタイプをお薦めしています。

個人的にはスーツの肩線にシワが入ったり、肩パッドや芯地の型崩れを起こすのが嫌なので基本的にスーツの時はリュックサックは背負いません。

また、スーツで出回る際の仕事はとにかく資料が多く、僕は細々した書類の整理が苦手な為、僕が選ぶとしたら3way Briefcaseの2層のタイプだと思います。

 

 

s_DSC00667

 

全ていっぺんに紹介すると少し長くなりそうなので、本日は2way Bagをメインに。

 

s_DSC01067

s_DSC01046
master-piece “STREAM – 2way Bag – ” ¥39,000+TAX-

 

s_DSC00822

s_DSC00832

s_DSC00846

s_DSC00853

ブリーフケースとして使用する際も、バックパックとして使用する際もアクセスが容易なフロントのジップポケット。

中にペンケースなどの細かい仕切りが付いているのも嬉しいポイント。

 

また、13inchのパソコンサイズであれば余裕で入ってしまうサブ収納もこのバッグのビジネスモデルとしての使いやすさを感じさせるディテールの一つだと感じます。

出先ですぐに取り出さなければならない書類/資料などを収納したり、その日の仕事にあまり関係ない資料を入れるための収納に使用したりと、使用者ならではの使用用途を想像させてくれる様なディテール。

 

 

s_DSC00720

s_DSC00728

s_DSC00732

s_DSC00740

 

ショルダーハーネスはスリットに簡易的に差し込んで収納する仕様。
ビジネスの装いを邪魔しない、落ち着いた付属/ショルダーハーネスのシンプルなデザインに好感が持てます。

 

 

s_DSC00744

s_DSC00760

s_DSC00770

 

良くある「バックパックのおまけとして、ブリーフケース持ちも可能です。」という様なチープな印象を本モデルは感じさせません。

 

バックパックとしても、ブリーフケースとしても快適に使用が出来る様に。

各デザイン・ディテールが考慮されている点も、master-pieceの一つ一つのプロダクトに対するものづくりの丁寧さを感じます。

 

s_DSC00779

s_DSC00783

 

ノートパソコン専用のスリットポケットが配されているのも嬉しいポイント。

 

s_DSC00790

s_DSC00804

 

一見小ぶりなバックパックですが、メインの収納はビジネスモデルらしく、小分けできる様なポケットが複数搭載。

 

ご自分の使用用途に合わせて使い分けてみてはいかがでしょうか。

 

 

s_DSC00609

 

個人的にビジネスバッグは仕事で結果を残す/その日の仕事を少しだけ楽しむ上での重要な相棒だと感じるのです。

前日の夜や、出勤当日の朝に準備して荷物を詰め込む時に。

スーツを着て、革靴を履いて、いざ鞄を持ってドアに手をかける時に。

街中の鏡やショーウィンドウにふと自分の姿が映り込む時に。

 

 

「仕事専用に選んだ鞄」というのは、その日の仕事を少しでも楽しく過ごすきっかけを作るような存在になってくれるはず。

 

スーツスタイルにも、ジャケパンスタイルにもハマる、バランスの良いデザイン。
実際に自分が使用している姿が容易に想像出来るリアルさすら兼ね備えたモデル、それがSTREAMです。

 

着用している様子は後日まとめて紹介させてください。

 

 

 

 

 

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO OFFICIAL TWITTER

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO OFFICIAL INSTAGRAM

MSPC OFFICIAL WEBSITE

MSPC ONLINE STORE

 

 

 

皆様のご来店をお待ちしております。

MSPC PRODUCT sort OMOTESANDO 河上

TEL:03-6433-5566

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-16-13 X2区画

[ssba]
  • Facebook
  • twitter
  • tumblr
  • instagram
  • Pinterest
  • Vimeo
  • Mail